GoogleのAR技術Tangoでは何ができるのか?

Project Tango(現、Tango)とはGoogleのR&D部門であるATAPグループが開発しているAndroid向けAR/MRフレームワークです。同社が発表しているVR向けのCardboardやDaydreamと違い、赤外線カメラなどの専用ハードウェアを必要とし、AR/MR向けであるのが特徴的です。Google I/Oなどで数年前から存在は公表されていたProject Tangoですが、入手困難な開発者キットが必要だったため知名度はあまり高くありませんでした。

image00

Tango対応端末は赤外線カメラなどを使って深度情報を抽出できます。そのデータを使って同時に現実世界のマッピングと現在位置の把握(SLAM)を行います。その情報をソフトウェア開発者に使いやすい状態で提供するのがTangoの目的です。GoogleなどによるデモがTangoの可能性を示しています。

Tangoでできること

3D Reconstruction

最も素直なデモは、3D Reconstructionデモです。

https://www.youtube.com/watch?v=3BNOsxMZD14

現実世界の3次元位置情報に色情報を付け足して実際にあるものの3Dモデルを作っていくデモです。

恐竜と遊ぶ

I/O 2016 で発表された国立博物館のDinosaurs Among Usとタイアップした恐竜ビュアーです。

https://www.youtube.com/watch?v=_w1V0VyVsPM

現実世界に比例したサイズ感で恐竜が表示されたり、恐竜とセルフィーを撮るなどできるアプリです。

定規

このデモでは画面の中で現実世界の距離を測ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=Ry8BvY_MP5U

インテリアデザイン

アメリカのホームセンターLowe’sとタイアップした家具プレビューアプリです。

https://www.youtube.com/watch?v=pmXVMIRwuJQ

買いたい家具が部屋の中で実際どう見えるかを事前に確認できるアプリです。

ポジショントラッキング

GearVRと開発者キットを組み合わせてInside Out方式のPositional Trackingを実装した人も居る模様です。

https://www.youtube.com/watch?v=rGWJeV3plvM

製品版ではDaydreamと連携してひとつの端末で実装できると思われます。

いよいよ一般発売されるTango

現地時間6月9日のLenovo Tech Worldで世界初の一般向けProject Tango対応スマートフォン、Phab 2 Proが発表されました。値段は499USDで、今年9月に全世界でSIMフリーで発売される予定です。

image01

https://www.youtube.com/watch?v=MBgQLraVGJQ

(Phab 2 Pro発表は 34分30秒あたりから)

Tangoについてさらに詳しく知りたい方はGoogle I/O 2016のWhat’s New with Project Tangoキーノート開発者向けサイトがおススメです。

(関連記事)
Google、AR技術の名称を「Tango」に決定し、Lenovoから搭載スマホが500ドルで発売

Google、Project Tangoのコンテストを受付中。3本柱の1つはARとVR

この記事を書いた人

  • 11745433_1878458529045126_261482768383319743_n

    長谷川陸央

    高卒NEET。AR/MR好き。高校時代VRエンジニアのアルバイトをしていました。現在アメリカに住んでいます。主にイベントレポートをしていきます。

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/