GoogleのVR社会科見学、50万人以上が利用。バッキンガム宮殿などのツアーが追加

生徒たちと行ってみたいけど、距離的にちょっと….。そんな場所でも、Google Cardboardを使うことでクラス全員で社会科見学できます。

image00

Google が簡易型ヘッドマウントディスプレイ(Cardboard)を使用してVR社会科見学を行うプログラム「Expeditions」は9月の本格始動以来、利用者の数は50万人超えました。

最近まで、同プログラムはGoogle担当者によって一部の機関のみ公開されていました。しかし、現在では参加を申し込んだ学校や教員が、無料でAndroidアプリを直接ダウンロードできる形式となっています。体験者は拡充される様々な体験を利用する事ができる上、「こんな場所にいきたい。こんな機能が欲しい」といったフィードバックを送る事が出来ます。

最近追加された「Expeditions」ツアーは2つ。1つは、バッキンガム宮殿。もうひとつは、イギリスの著名な海洋生物学者・プロデューサーのデイビット・アッテンボローが製作したグレートバリアリーフの体験です。

プログラムへの参加申し込み、公式サイトはこちらから(記事執筆時点では実施対象都市に日本の都市は含まれていません)
https://www.google.com/edu/expeditions/

(関連記事)
Google、学校に無料でCardboardを使ったVR遠足体験を提供することを発表

(関連)
Google Takes More Than 500,000 Students on VR Field Trips
http://uploadvr.com/google-expeditions-500000/

▼ハコスコやGoogle CardboardなどのスマホでVRを体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/