Google ChromeブラウザがVR対応の準備中

GoogleのWebブラウザ「Chrome」の試験的なスマホ版ブラウザ「Chrome Dev」に、VR内でブラウザを利用できる機能「VR Shell」が実装されます。これによって、スマートフォンを装着したVRHMDを覗きながらWebブラウザを利用できることに。さらに、サイト上で配信されるVRコンテンツは、そのままVR内で再生することも可能です。

Google VR

VR Shell

今日では、VR向けに作られたWebサイト・Webコンテンツを「WebVR」と呼ぶことがあります。これらはVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)で視聴することができるものの、従来通りの(非VRの)Webページを見るためにHMDを着けたり外したりする必要がありました。

WebVRなどに関する最新機能を搭載しているのは、本家Chromeでのリリース前に試験的に新機能を試している「Chrome Beta」や「Chrome Dev」。

Chrome Beta」ではWebVRをより快適に視聴できるような設定を実装。そして「Chrome Dev」では、「VR Shell」と呼ばれる新機能が実装されています。

VR Shellは、CardboardやDaydream(いずれもGoogle提供のVRシステム)に対応しているスマホで、そのままいつも通りのブラウザ利用ができるというもの。これにより、HMDを被ったままネットサーフィン・VRコンテンツ視聴の両方が可能になります。

上記のどちらのバージョンの機能も、アプリ入手後、アドレスバーに「chrome://flags」と入力することで設定ができます。

Google VR
(表示はスマートフォンの言語設定により異なります)

VR用のブラウザとしては、サムスンのGear VR用のアプリに「Samsung Internet」というものがあります。Gear VRの性質上、スマホのGalaxyシリーズS6以降でしか使用ができないものの、こちらも同様の機能を搭載しています。

Googleが開発しているDaydreamにより、Galaxyのみに閉じていた高品質スマホVRが、あらゆるAndroidスマートフォンへ拡大する可能性があります。また、Oculus RiftやHTC Viveで使えるデスクトップ用のものも、現在開発中とのことです。

(参考)
Google is Adding a VR Shell to Chrome to Let You Browse the Entire Web in VR – Road to VR
http://www.roadtovr.com/google-is-adding-a-vr-shell-to-chrome-to-let-you-browse-the-entire-web-in-vr/

※米Road to VRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/