Googleのダンボール製スマホVRヘッドセット「Cardboard」の改良版が登場

28日、Googleは開発者会議Google I/O 2015にて、昨年発表したVRデバイス「Google Cardboard」の改良版「Google Cardboard V2」(以下、V2)を発表した。

Google Cardboardはスマートフォンを差し込んで使う、ダンボール製の手軽なVRデバイスです。ちょうど一年前のGoogle I/O 2014で発表されました。Googleは設計図を公開しており、ユーザーは自作することも、メーカーが設計図を参考に制作・販売している完成品を購入することもできます。Google Play Storeからアプリをダウンロードすることで、様々なVR体験が可能です。Googleが用意した基本アプリ「Cardboard」は、全世界で100万ダウンロードを突破しています。

V2とこれまでのCardboardの違いは主に以下の3点です。

1.対応サイズが6インチに

th_google-cardboard-v2-io-2015-4
スマートフォンのサイズ拡大に伴い、6インチのスマートフォンに対応したサイズになりました。

2.どんなスマートフォンでも対応する操作ボタン

th_google-cardboard-v2-io-2015-2
従来のCardboardにも操作用の磁石を使いましたが、特定のスマートフォンでのみ使用できるとなっていました。V2ではあらゆるスマートフォンで操作可能です。

3.組み立ての手順が大幅に簡素化

th_google-cardboard-v2-io-2015-1
従来は12の手順が存在していましたが、なんと3つの手順で完成するとのこと。組み立てるのも手軽になりました。

Google Cardboard v2の設計図はこちらからダウンロード可能になる予定です。(5月29時点では未公開)

Googleは他にも、VRで楽しめる360度映像を撮影するための新たなプログラム「Jump」を発表しています。
【速報】Google、360度撮影へ。16台のカメラをつないで360度撮影をする「Jump」を発表


(参考)
Google Cardboard公式(英語)
https://www.google.com/get/cardboard/

関連するキーワード: google cardboard contentsGoogle I/O 2015

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ