グーグル、AR/VRハードウェアの開発者募集を強化

グーグルの採用ページから、同社がさらなるAR/VRハードウェアの開発のため、人材募集の幅を広げていることが分かりました。

AR/VR開発の人材募集を増加

以前よりグーグルは、“コンシューマー用のAR/VRハードウェア開発に携わり、海外での大量生産を指導した経験を持った”エレクトリカル・エンジニアの募集などハードウェアに関する人材の募集をしていました。

3月10日からは、AR/VRの開発のため、テクニカルハードウェアエンジニアやハードウェアバリデーションマネージャーなどの募集も始めました。

グーグルはテクニカルハードウェアエンジニアとして、工業デザインと人間工学(人間がより自然に使えるような製品デザインを目指す学問)に精通した人材を求めていてます。また、ハードウェアバリデーションマネージャーとしては、AR/VRデバイスの製品検査や最適化を担当するチームの管理ができる人材を探しています。

さらなるAR/VRデバイス開発

グーグルはスマートフォンで手軽にVR体験ができるCardboardを2014年から展開しています。さらに、昨年11月からスマートフォン向けに高品質なVR体験を可能にするDaydreamをスタートしました。

こうした既存の取組に対する増員なのか、それとも2016年より噂されている一体型VRデバイス(スマートフォンやPCを使わない、ヘッドセットのみのモデル)の開発を行っているのか、詳細は明らかになっていません。

フェイスブックやマイクロソフトと同様に、グーグルもAR/VR開発を加速させつつあります。今後もグーグルがどのような展開をするのか期待が高まります。

(参考)

グーグル人材募集ページ https://careers.google.com/intl/ja_jp/

グーグル Job Listings Point to New “Mass Production” AR/VR Hardware in the Pipe

http://www.roadtovr.com/google-job-listings-point-to-new-mass-production-arvr-hardware-in-the-pipeline/ (英語)

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ