Facebookが世界の美術館と協力 ゴッホの名画を360度動画で解説鑑賞

オランダの画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホが描いた『ひまわり』を360度動画で鑑賞できるバーチャルギャラリーをFacebookが公開しました。鑑賞は、VRデバイス「Gear VR」か、PCブラウザ上での体験が可能となっています。

Facebookが行うバーチャルギャラリーでは、5つの美術館と協力し、世界各国の展示されている『ひまわり』を同じ空間で体験できます。展示物の『ひまわり」は、ゴッホの弟・テオのひ孫である「ウィレム・ヴァン・ゴッホ」による解説とともに鑑賞が行えます。

・『ひまわり』バーチャルギャラリー
https://www.facebook.com/VanGoghMuseum/videos/10159187334010597/


こちらは動画の一部です。芸術作品にまつわる話から、ゴッホの人生まで語られる4分間ほどの内容となっています。

ゴッホの現存する『ひまわり』は、イギリスの「ナショナル・ギャラリー」、オランダの「ゴッホ美術館」、ドイツの「ノイエ・ピナコテーク」、アメリカの「フィラデルフィア美術館」、日本の「東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館」の5つの美術館が所有しています。

美術館のエキスパートによるライブ配信も

8月15日(日本時間)には、『ひまわり』を所有する美術館のFacebookページにてリレー形式によるライブ配信が実施されます。各Facebookページでは、美術館のエキスパートたちによるトークが行われます。各ライブ配信の内容は、アーカイブ動画として投稿される予定とのことです。

ライブ配信の日程は下記のとおりです。

美術館名

都市名(国名)

配信時間

FacebookページURL

ナショナル・ギャラリー
(National Gallery)

ロンドン
(イギリス)

1:50 から 2:05

https://www.facebook.com/thenationalgallery/

ゴッホ美術館
(Van Gogh Museum)

アムステルダム
(オランダ)

2:10 から 2:25

https://www.facebook.com/VanGoghMuseum/

ノイエ・ピナコテーク
(Neue Pinakothek)

ミュンヘン
(ドイツ)

2:30 から 2:45

https://www.facebook.com/philamuseum/

フィラデルフィア美術館
(Philadelphia Museum of Art)

フィラデルフィア
(アメリカ)

2:50 から 3:05

https://www.facebook.com/philamuseum/

東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

東京
(日本)

3:10 から 3:25

https://www.facebook.com/VanGoghMuseum/

 

バーチャルな世界で絵画を鑑賞できるコンテンツに関しては、ゴッホと同じく世界的に有名な画家「ダリ」のアートにおいても取り組まれています。ダリが手掛けた280以上の作品を見たり触ったりという体験が可能となっています。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: ゴッホ

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com