360度4Kカメラ「Go!Pano S1」がクラウドファンディング中

11月21日、中国のメーカーである7d vision社は4レンズの360度カメラ「Go!Pano S1」のクラウドファンディングを開始しました。標準用の4,999元(約8万円)とプロ用の9,999元(約16万円)の二つのバージョンが公開されています。

Go!Pano S1は4Kの解像度のレンズを4個内蔵しています。動画のフレームは30fps。f値は2.0です。

プロ用はカメラ本体に加えてステッチング用PC、120GBのSSD、三脚、ポータブルバッグをつけ、合わせて9,999元という価格です。

Go!Pano S1はVRコンテンツ制作向けであることを想定されており、プロのカメラマン、メディア関係者、ガジェット好きやアウトドアファン、記者、キャスターといった人々にVRコンテンツを制作するためのツールである360度カメラを提供することで、VR産業の発展を促すことが目的とのこと。

今後、Go!Pano S1は引き続き多くのVRコンテンツが生み出されることを目的として開発を行い、VR産業のさらなる発展を目指すとのことです。

(関連記事)

360度カメラ「Insta360 Nano」がCESイノベーションアワード受賞

360度カメラとは?各種360度カメラの魅力と、価格、スペックまとめ

プロフェッショナル向け360度カメラシステムまとめ

(参考)

Go!Pano S1正式上线众筹 携手VR内容创作者一起造梦

http://news.87870.com/xinwennr-16417.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中。4割引になる早割は5月20日までです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ