【女子向けVR体験レポ】スーツに剣もカッコイイ 俺様大富豪にメロメロなVR体験

『椅子ドンVR~一ノ宮英介編~』(以下、椅子ドンVR)は恋愛ドラマアプリ『スイートルームで悪戯なキス』(株式会社ボルテージ)のメインキャラ俺様大富豪・一ノ宮英介が椅子ドンをしてくれる体験です。昨年東京ゲームショウ2016で展示され、英介に椅子ドンされるとあってファンの行列が絶えなかった人気コンテンツです。その後、モバイルアプリ(AndoroidiOS)でも配信されています。

その人気コンテンツが4月24日~5月14日に「VR Center」(埼玉県・越谷レイクタウン)で『椅子ドンVR ~一ノ宮英介編~ 』コラボレーションイベントとして期間限定で展示されています。

本イベントは『椅子ドンVR』だけではなく、武器でモンスターと戦う人気コンテンツ、「サークル オブ セイバーズ」とコラボした『 サークル オブ セイバーズ「助けて、英介さん♥」』と、ジェットコースターのような動きをする体感型の椅子に乗ってプレイするリズムゲーム『SIMVRHYTHM「スイートルームで悪戯なキス」』も体験できます。

現代を舞台にした恋愛ドラマアプリのイケメンと、ファンタジー風アクションや近未来風リズムゲームがコラボ、という想像もしていなかった企画に期待と不安が高まります。

『椅子ドンVR~一ノ宮英介編~』

『椅子ドンVR』は大富豪・一ノ宮英介にオークションで落札されたヒロインが、小部屋で拘束されているところから始まります。『スイートルームで悪戯なキス』本編アプリに描かれていませんが劇中のワンシーンのようです。

見回すと窓のない殺風景な部屋で椅子に腰かけています。背後でドアが開く音に振り返ると、カギ束をもてあそびながら英介が入ってきます。背後から聞こえるドアが開く音、英介の移動につれて聞こえる方向が変わるカギの金属音と靴音。室内に響く靴音が空間の広がりと心細さを感じさせます

英介にキスされそうになるほど顔を近づけられたり、フルボイス(CV:近藤孝行氏)で耳元で囁かれたりとドキドキする展開が待っています。途中から見えるようになる都会の夜景の美しさも見どころの一つ。

ストーリーの内容は東京ゲームショウのときと変わりませんが、演出上変わったところは英介に近づけるようになったところ。東京ゲームショウでは間近に迫ってくる英介の顔から離れることも、逆に近づいても距離が変わらず、没入感が損なわれていました。今回は身体を傾けて左右や、下から見上げることも、前のめりになって更に至近距離から見つめることも現実同様にできるようになりました。

特に筆者の方へ英介が手を差し伸ばした時、スーツの袖口を覗きこむと奥まで腕が見えました。まるで英介がそこにいるかのようです。

気になったところは、こちらが動いても英介が目で追ってくれないことですが、初めて体験する方は、余り動かない傾向があるため、初めての人は気にならないかもしれません。

P4240450.JPG
P4240449.JPG

体験ブースのセッティングも工夫が見られます。ブースに置かれた椅子はVR内で座ってる椅子と同じものです。モニターやVRヘッドマウントディスプレイを置く机は運用のために必要ですが、世界観にそぐわないこともあります。本ブースでは作品世界をイメージした小物を配置するなど体験者が入ったときから没入しやすい工夫がされています。
P4240514.JPG
「VR Center」のような親子連れも多いアーケードでは、体験中人の目が気になることもありますが、ブース周りがパーティションで囲まれ、体験者が周りから見えないよう配慮もされているので安心してにやけることができます

こちらは英語バージョンもありますので、英語版アプリを楽しんでいる人も安心して楽しめます。

『サークル オブ セイバーズ 「助けて、英介さん♥」』

P4240502.JPG
サークル オブ セイバーズは剣と盾、双剣、斧などを使い、約360度から襲ってくるモンスターを倒し、頭上のクリスタルを守るバトルアクションゲームです。

通常1人でプレイをしますが、今回のコラボは英介との協力プレイになります。襲ってくるモンスターを2人で斬り、ボス戦の前には攻略を説明してくれます(字幕での説明)。今回の武器は剣と盾です。
COS_âXâNâVâççC.png
サークル オブ セイバーズはファンタジー調の世界観のため現代が舞台でスーツ着用の英介と果たして合うのだろうかと不安に感じていましたが。スーツで剣を振う英介さんは非常にかっこいいということが思い知らされました。

一見ヒロインを下僕のように扱う俺様キャラな英介ですが、ずっとモンスターから守ってくれる英介の背中を見てると、まるで作中のヒロインのような気分にさせられる体験です。英介の背後にいるモンスターを斬って英介を助けることもできます。

目的は頭上のクリスタルを守ることなので、ついうっかり隣にいる英介に近づこうと足元の円陣からでると、ナレーションから戻ってくるよう注意を受けますので気をつけてください。

Mogura VRさん(@moguravr)がシェアした投稿

『サークル オブ セイバーズ』は慣れないと攻略が難しいコンテンツですが、英介がいれば初心者でもボス戦にたどり着け、倒すことも可能なほど英介は強いので、普段バトル系のゲームや格闘技をしない人も、VRゲームが初めての人も楽しめるようになっています。

また、サークル オブ セイバーズはVR内と自分自身を合成した映像をブースのモニターに映しています。最後には英介とのツーショット記念撮影もファンには嬉しいです。友人ときていればモニターを撮影してもらうことで思い出を持ち帰ることができます。1人でもスタッフに頼めば撮影してもらえます。

英介と同じポーズで決めることも、英介に抱きつくこともできます。

『SIMVRHYTHM「スイートルームで悪戯なキス」』

P4240512.JPG
VR3_SIMVRâXâNâVâçç@.png
『SIMVRHYTHM「スイートルームで悪戯なキス」』はジェットコースターに乗りながら曲にあわせて現れるマトをタイミングにあわせてコントローラーのトリガーを引くリズムシューティングです。
VR3_SIMVRâXâNâVâççD.png
音楽はアプリで使われている曲。左右にはアプリ内で使わているイラストが多数現れます。イラストに目を奪われながら、マトに当てないとならないため、難易度はそれなりです。

もともと『SIMVRHYTHM』自体はリズムシューティングゲームですが、今回のコラボでジェットコースターのコースも赤絨毯に変わっていたり、VR内の椅子も「椅子ドンVR」で拘束されていた椅子に変わっているなど、世界観に合わせています。

Mogura VRさん(@moguravr)がシェアした投稿

『スイートルームで悪戯なキス』を知らなくても楽しめますが、体験した後、興味を持った人は現在(2017年5月現在)コラボ企画で「一ノ宮英介編」が無料で読めます。android iOS

読んでみると英介をまた違った感じに見られるのではないでしょうか。

企画の経緯

本イベントは株式会社ボルテージと「イオンレイクタウン VR Center」との共同開催で実施される、『椅子ドン VR』(企画・開発は戦略子会社 株式会社ボルテージ VR)のコラボレーションイベントです。普段モバイルゲームをやらない層にアーケードでイベントをすることで目に触れられるというモバイルアプリ制作側と、キャラクターコンテンツで誘客につなげたいアーケード側との目的があったイベントです。

キャラクターを使ったVRコンテンツは、アーケード等で体験することになれば、アーケードに来ることのないファンの集客が見込めます。作品を持っている側は、作品ファンに対するファンサービスというだけではなく、『スイートルームで悪戯なキス』にまったく興味がなかった層の目にも触れ、新規開拓の機会となります。

本イベントではコンテンツ体験者にはノベルティの配布が行われています。VRに興味のないファンでもノベルティのために訪れ、VR体験したところコラボコンテンツ以外も体験するようになっているとのこと。

キャラクターを使ったVRコンテンツは「初音ミク」「進撃の巨人」「攻殻機動隊」「ドラえもん」「刀剣乱舞」「機動戦士ガンダム」など年々増加しています。キャラクターを使ったVRコンテンツは、VRでは憧れのキャラクターが現実に存在するかのように感じ、大好きな作品世界にいるという感動が得られます。そして、キャラクターの造形はファンが最も気にするところ。CGモデルや世界観を作りこむことで反響は大きくなり、話題性も高まります。

今回の企画は、株式会社ボルテージ VRと「VR Center」両方でファン目線にたって企画を考えたとのこと。「男性向けのVRコンテンツが多い中、ボルテージならではの女性目線で体験内容や、ブースのセッティングを考えました。社内の女性の意見をできるだけ取り入れながら作りあげていきました。」(株式会社ボルテージVR代表取締役社長 玉井謙介氏)。体験してみても作品を愛するファン目線に立った企画だと感じられました。

「VR Center」では3月には全く異なる切り口のコラボとして、京都大学経営管理大学院「サービス・エクセレンス講座2016」とのコラボレーションによる、VR空間内での結婚挙式・育児疑似体験会を実施しました。こちらも、反響が良かったそうです。

今後もキャラクターとのコラボ企画や大学等研究機関とのコラボを考えていきたいとのことです。

『椅子ドンVR ~一ノ宮英介編~ 』×「VR Center」コラボレーションイベントは5月14日まで開催しています。

VR Centerイベント開催記念 近藤孝行氏サインプレゼントキャンペーン

応募期間 2017年4月19日14:00~2017年5月14日23:59
対象者 上記期間内にアプリ『椅子ドンVR~一ノ宮英介編~』を新規購入した方
賞品 近藤孝行氏のサイン:5名『椅子ドンVR』オリジナルハコスコ:10名
応募方法 アプリ『椅子ドンVR~一ノ宮英介編~』内にある応募フォームから応募※応募は1人1回
抽選・発表 厳正なる抽選のうえ、当選者のみに連絡※発送は6月上旬頃予定

※既に「椅子ドンVR ~一ノ宮英介 編~」を購入済みの方は、VR Centerで配布しているイベント専用チラシに記載のQRコードから、アプリを起動して応募すると、抽選の対象となります。

詳細はコラボイベント特設ページをご覧ください。

コラボイベント特設ページ
http://adag.jp/isuvr_aeon/

イベント概要

名称 『椅子ドンVR ~一ノ宮英介編~ 』×「VR Center」コラボレーションイベント
期間 2007年4月24日~5月14日
営業時間 10:00~21:00
場所 VR Centerイオンレイクタウンmori〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン3丁目1番地1 イオンレイクタウンmori 3F Right-on横
金額 『椅子ドンVR~一ノ宮英介編~』1プレイ700円『サークル オブ セイバーズ 「助けて、英介さん♥」』1プレイ700円『SIMVRHYTHM「スイートルームで悪戯なキス」』1プレイ800円お得なセット券(上記3つを体験+オリジナルパスケース+α)3800円

〒343-0828 埼玉県越谷市レイクタウン3丁目

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • アニメや特撮、VR・ARが好きなだけな人です。Oculus等HMD、VR・ARの魅力を沢山の人に広めていければと思っています。

    Twitter:@kure_kure_zo

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ