少佐の視点でダイブ ハリウッド版攻殻機動隊『ゴースト・イン・ザ・シェル』VR体験が配信開始

3月31日、Oculus Storeにて『ゴースト・イン・ザ・シェル』のVR体験がリリースされました。Oculus RiftとGear VR向けに3月31日に配信されています。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』VR体験コンテンツ

『ゴースト・イン・ザ・シェル』のVR体験はOculus社とRewind社、Here Be Dragons社、そして映画の制作を手がけたパラマント社とドリームワークス社が共同で制作したものです。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、日本のアニメ作品『攻殻機動隊』をハリウッドで実写映画化した作品です。VR体験では、ユーザーは脳神経をあらゆる情報ネットワークに直接接続できる“電脳化技術”や、義手・義足のように体の一部をアンドロイド化する“義体化技術”が普及する2029年の日本が舞台の『ゴースト・イン・ザ・シェル』の世界をVRで体験することができます。


『ゴースト・イン・ザ・シェル』VR体験コンテンツはOculus RiftGear VR向けに無料配信されており、ストアからダウンロードが可能です。また、トレーラーはFacebookで公開されています。

日本では先日『攻殻機動隊』の世界をフルCGで体験できるVRコンテンツ『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』がスマートフォン向けに配信されています。全身義体やネットワークをビジュアル化した電脳空間へのダイブなどVRとも関わりの深いシリーズであるだけに、VR体験もチェックしておきたいところです。

また、自撮りアプリ「YouCam」では『ゴースト・イン・ザ・シェル』の主人公のメイクを自分の写真で試したりすることができる映画のAR体験も配信されています。

ダウンロードはこちらから
Oculus Rift版とGear VR

(参考)
Oculus Studios Launching Ghost in the Shell VR Experience This Week
https://uploadvr.com/oculus-studios-launching-ghost-shell-vr-experience-week/ (英語)

MoguraVRはUploadVRとパートナーシップを結んでおります。

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ