4000キロ先からでも「そばにいるね」。夫がVRで妻の出産に立ち会う360度動画が公開

我が子が生まれる瞬間には父親も立ち会いたいもの。

国土が広いオーストラリアでは毎日、何千もの父親が出産の場に立ち会うことができません。

これは、オーストラリアのとある一家の出産にまつわるストーリーです。

image00
夫のJasonは家族の住む街から4000km離れたところで仕事をしています。妊娠している妻Alisonが臨月を迎えても、それから飛行機に乗って駆けつけて間に合うかどうか。

image01
そこでサムスン社は、出産の瞬間を360度カメラで中継し、JasonがVRヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」を装着して立ち会うというプロジェクトを行いました。

image02
我が子がこの世に生まれる瞬間にVRで立ち会うJason。ヘッドセットを介して「この子、誰に似てるかしら」という話をする2人。まるでJasonもその場にいるようなやりとりです。今後は、VRによって距離を物ともせず、立ち会えるようになるかもしれません。

このプロジェクトでは、出産の立会いという家族の非常に重要な出来事がテーマでしたが、その場にいるような感覚が得られるVRヘッドマウントディスプレイは、これまで距離が阻んでいた様々な問題を解決してくれるかもしれません。

Youtubeの動画はこちらから。なお、この動画はGear VRを開発し、販売しているサムスンがアップロードしたものです。

Written by 久保田瞬(すんくぼ)