入院中の子供たちがGear VRを使い360度映像で遊園地を体験

サムスンはイタリアで、入院中の子供たちにVRで遊園地を楽しんでもらうプロジェクト「eMotion」を行いました。

このプロジェクトは、サムスン・イタリアとイタリアにあるサンタ・マリア・ゴレッティ病院の共同で行われました。入院中の子供たちに外で遊ぶ楽しさを伝え、快復する一助とすることを目的としています。サムスンはスマホを装着して没入感の高いVR体験が楽しめる「Gear VR」と360度映像を使ったコンテンツを提供しました。

th_スクリーンショット 2015-05-12 16.36.41360度カメラによる遊園地での撮影

遊園地のアトラクションやショーなど撮影されたコンテンツは20程度。

th_スクリーンショット 2015-05-12 16.37.01

th_スクリーンショット 2015-05-12 16.37.15

普段、病院の中で過ごしている子供たちは歓声を上げています。

th_スクリーンショット 2015-05-12 16.37.35

プロジェクトの様子を収めた映像はこちら(音声:イタリア語、字幕:英語、様子を見るだけであれば言葉は理解できなくても問題ありません)

この「eMotion」は、VRの利用が子供たちの治癒に効果があるのではないかという目的で行われました。実際にどの程度の効果があるのか、新たな治療法やリハビリになり得るのか、気になるところです。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/