【Gear VR】ustwoの新作『Land’s End』、ゲーセンで遊べる『Arcade Beta』など

11月10日、コンシューマー版の予約が開始されたVRヘッドマウントディスプレイGear VR向けに、4つのゲームが配信を開始しました。
いずれもOculus Storeよりダウンロードが可能です。

『Land’s End』

image201511110206381
Mogura VRでもこれまで何度か取り上げてきたVRゲーム『Land’s End』がいよいよリリースされました。誰もが遊べるように非常にシンプルな操作、幻想的なグラフィック、そして直感的な操作で遊ぶパズルゲームです。文明が滅んだ世界で果たして、プライヤーは何を見つけるのか、ぜひ世界の謎に迫ってみてください。有料で9.99ドル。

https://www.youtube.com/watch?v=ZCoR35sXM2w

関連記事:【体験レポ編】「誰もが遊べるVRゲームを」モニュメントバレーのustwoが新作『Land’s End』で試みた挑戦
【インタビュー編】「誰もが遊べるVRゲームを」モニュメントバレーのustwoが新作『Land’s End』に込めた想い

『Arcade Beta』

image201511110207454
これまで、『Ocukus Arcade』と告知されていた、VR内のゲームセンターで昔な懐かしのアーケードゲームを遊ぶというもの。セガ、ミッドウェー、バンダイナムコ(旧ナムコ)が往年の名作を配信しています。遊べるゲームは『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、『バーチャファイター』、『パックマン』など、十数種類。各ゲーム20分間のフリープレイが可能で、0.99~2.99ドルを支払えばずっと遊べるという課金要素があります。100円玉を何枚もつぎ込むことまでは再現されていないようです。

image201511110208211

Bnadit Six: Salvo

image201511110207072
戦場のまっただ中で報酬となり、敵のヘリ、戦車などを撃墜していくシューティングゲーム。1作目『Bnadit Six』が3Dグラフィックだったところから大転換し、色彩豊かなカートゥーン調のグラフィックに。前作の改善点も多くあり、比べて見るのも面白いかもしれません。有料で7.99ドル。

https://www.youtube.com/watch?v=CA6JcVrazuU

/`kerser/

image201511110207263
サイバーパンクな世界観の中、プレイヤーは空をとぶ船を動かし、障害物をよけていくランゲーム。高速で進む疾走感が特徴です。有料で2.99ドル。

Mogura VRでは各ゲームのレビューもお送りします。

関連記事:スマホで高品質なVRが体験できるGear VRコンシューマー版、アメリカでの発売は11月20日

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: Gear VRGear VR リリース情報Gear VRコンテンツ紹介

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。VRジャーナリスト。
    VRが人の知覚する現実を認識を進化させ、社会を変えていく無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。VR/AR業界の情報集約、コンサルティングが専門。また、国外の主要イベントには必ず足を運んで取材を行っているほか、国内外の業界の中心に身を置きネットワーク構築を行っている。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!