サムスン製の360度カメラ、Gear 360で撮影された4K動画を紹介

Gear 360」は、サムスンが2016年2月に発表したコンシューマー向けの360度全天周カメラ。今年の4月より、一部の国にて販売が開始されています(日本での発売は未定)。詳細なスペックや他の360度カメラとの比較は、関連記事を御覧ください。

アメリカのVRメディアである「VR SCOUT」は、製品版Gear 360を用いて、カリフォルニア州のベニスビーチを撮影した360度全天周動画を公開しました。

https://www.youtube.com/watch?v=KTU9W3eUTEA

VR SCOUTによるテスト動画。設定によって4K画質まで上げられます。

撮影は3840×1920ピクセルで毎秒30フレーム。音声はステレオ録音が可能で、画像は取り外しのできるmicroSDカードに保存されます。このテスト撮影を行ったライターによれば、バッテリーはおよそ3時間の連続撮影に耐え、スマホGalaxy S6との連携も、特には問題なかったとのことです。

撮影したライターは動画の補足として、撮影日は天気が良く、直射日光によってレンズフレアやスティッチライン(360度画像特有のつなぎ目)が通常より出やすかった、とコメントしています。

Gear 360

Gear 360による映像は、他の360度カメラと比較して解像度が高く、非常に鮮明です。またGalaxyシリーズのスマホと連携すると、撮影した画像・映像を、ほんの数クリックの簡単操作でYouTubeやFacebookにアップロードすることができます。

全天周の写真を撮った場合には、複数の写真を繋ぎ合わせる「スティッチ」という作業が必要になります。Gear 360では、スマホ・PCどちらを使ってもスティッチ可能です。さらにリアルタイムで、撮影したものを見ることも。

Gear 360

しかし、問題点もあったとVR Scountのライターは記しています。それはスマートフォン(Galaxy S6、S6edge)の熱暴走です。Gear VRを使用していても生じる問題ですが、スマホで負荷の大きい画像処理を行うと、スマホ本体が熱を持ち、一時的に使用不可能となってしまうのです。

韓国では約40万ウォン(およそ3万7千円)、イギリスでは400ドル(約4万4千円)で既に販売されているGear 360。日本でも発売についての詳細は明らかになっていませんが、5月19日から設置される「Galaxy Studio」で展示されます。

(関連記事)
サムスン、小型360度カメラGear 360を発表。Facebookのザッカーバーグ氏も登壇

360度カメラ性能比較。THETA S、Gear 360、360camなど5機種のスペックを比較

(参考)
Samsung Gear 360 Unboxing and Video Test – VR SCOUT
http://vrscout.com/news/samsung-gear-360-unboxing-video-test/

・360度動画を紹介している記事一覧はこちらです!

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/