家族向けVRアニメ『Raising A Rukus』Gear VR向けにリリース

VRを“新しいメディア”として捉え、新たな視点からストーリーテリングを表現したVRアニメの制作が進められています。

今回、家族向けのVRアニメ『Raising A Rukus』がGear VR向けにリリースされました。このアニメは映画で知られるIMAXがロサンゼルスで開設しているVR体験センターでも公開されています。

家族向けVRアニメ『Raising A Rukus』

VR映像制作を行うThe Virtual Companyは、家族向けVRアニメ『Raising A Rukus』のGear VR向けのリリースを発表しました。

The Virtual Reality Companyは、アバターなどのプロダクションデザインを担当し、映画監督も務めるRobert Strombergらが立ち上げたVRコンテンツの制作会社です。スティーブン・スピルバーグがアドバイザーを務めています。

『Raising A Rukus』は双子の子どもが誕生日に飼い犬のRukusとともに、不思議な世界に迷い込み冒険をするというVRアニメです。視聴者は、ストーリーの間に、道を選ぶなどの選択を迫られ、その結果によりストーリーも変化していくなどインタラクティブなVRアニメとなっています。

同VRアニメのプロデュースは『アリス・イン・ワンダーランド』や『アバター』の制作にも携わったRobert Stromberg氏が行っており、どのようなアニメになるか期待が高まります。

『Raising A Rukus』はGear VR向けにリリースされています。価格は390円です。
また、米国のIMAX社のVR体験センターでも体験可能になります。同VR体験センターは日本にまだありませんが、今後日本でも開設予定です。

『Raising A Rukus』のダウンロードはこちらから(英語のみ)。
https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/1100532370053538/ 

(参考)
VR Company’s Raising A Rukus Now Available on Gear, in IMAX Centers
https://uploadvr.com/vr-companys-raising-rukus-now-available-gear-imax-centers/ (英語)

Raising A Rukus Is A New Animated VR Series From The VR Company
https://uploadvr.com/raising-rukus-new-animated-vr-series-vr-company/ (英語)

この記事を書いた人

  • Ryo

    いろんな言語を勉強している言語オタクです。VRにも興味があるからVRオタクです。でもゴールデンレトリバーも好きだからゴールデンレトリバーオタクでもあります。VRにはゲーム以外にも教育や福祉、医療などでも大きな可能性があると思います。そんなVRを様々な側面からわかりやすく紹介できるようのほほんと頑張ります。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ