サムスン、360度動画配信サービス『Milk VR』にインディ開発者の用の新たなチャンネルを開設

サムスンは、360度動画の配信サービス『Milk VR』に個人や小規模なスタジオが制作したコンテンツの配信を可能にするチャンネル『Gear Indie』を開設しました。

001

同社が販売しているGear VR向けに360度映像を閲覧できるサービス『Milk VR』を提供しています(日本国内からはダウンロード不可)。これまでは、テレビ局のスポーツ映像など映像を専門に制作してきたスタジオのコンテンツが配信されていましたが、今回は個人や小規模といったいわゆるインディの制作チームによる作品も配信可能となりました。

Milk VRで配信を行いたい制作者はMilk VRのサイトからアカウントを登録することでアップロード申請が可能になります。

サムスンは今後も自社のプラットフォームであるMilk VRを活用した360度映像の配信を強化していくと思われます。

開設と同時に公開されているコンテンツは以下のとおりです。Milk VRは美女2人組がのんびりくつろぎながら雑談をしているものもあったりとかなり多種多様なラインナップになっています。日本からも見ることができるようになるといいですね。

The Alien Desert(DryftVR)

モハーヴェ砂漠で撮影されたタイムラプス映像です
004

Nissan GT-R Drives Le Mans(Nismo.TV)

日産のスポーツカーGT-Rに乗ってレースコースを走り抜ける映像です。
003

Teleportaled(PAVR)

テレポートをテーマにしたコメディ(残念ながらすべて英語のため面白さは伝わりにくいかもしれません)。Youtubeでも360度映像として公開されています。
https://www.youtube.com/watch?v=yA34HDry2P8

J.O.A.T. the Butcher(cirkus)

板絵のようなアニメーションのようです。
001

Ireland VR(Eric Fassbender)

アイルランドの360度映像

Inside a Fusion Reactor(Fusion)

核融合炉の中に入ってみたら・・・という360度映像
009

Nova Scotia 360(Virtuacity)

カナダのノバスコシア州の海岸を収めた360度映像
008

Experience Bali(INTREPID360)

バリ島の風景を収めた360度映像
007

In the Gym with James DeGale(East City Films)

試合1週間前のボクシング選手とジムに行く360度映像

Black-Crowned Night Heron(Smithsonian National Zoo)

ワシントンにある国立動物園のサギの様子を見ることができる360度映像
006

International Space Station VR,(Mirage3D)

ヨーロッパの夜の時間の国際宇宙ステーションの様子

Virtual Pets,(DryftVR)

里親を募集中の子猫たちの様子を見ることができる「バーチャル ペット」
005

Porsche Drives Long Beach,(triggarVR)

ポルシェのGT3に乗ってカリフォルニアのロングビーチを走り抜ける360度映像

(参考)
Road to VR / Samsung Launch ‘Gear Indie’ Milk VR Channel, Celebrating Community 360 Films
http://www.roadtovr.com/samsung-launch-gear-indie-milk-vr-channel-celebrating-community-360-films/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ