さらなる魅力的な教育の実現に向け、VRのもつポテンシャルについてビル・ゲイツが言及

サンディエゴで開かれたASU GSVサミットにてMicrosoftの元CEO兼創業者であるビル・ゲイツ氏は、同氏の最近のVRコンテンツへの取り組みと、VRを教育現場に活用することの可能性について言及しました。

160430001

ゲイツ氏は経営から退いた後、発展途上国におけるエイズ、マラリアといった伝染病の根絶や貧困の解決を目指す「Bill and Melinda Gates財団」を立ち上げ活動を行っており、同氏のVRを用いた取り組みについて次のように述べています。

“私がVRを使い始めたのは、発展途上国や難民キャンプを訪れた際のビデオを撮影するためだ。VRを取り入れることによって、人々は見たものに対しより多くの事を感じることができるだろう。”

さらに彼は、VRの次の活用の場として ”教育” に注目しており、デザインやエンジニアリングなどの教育現場において、VRは実用的な役割を担うことができるだろうと発言しています。しかし数学や理科などVRに適していない教科もあり、基本的な概念に注目する必要があるとのこと。

VRと教育について述べられているのは36:00以降

1996年にビル・クリントン米元大統領は、全ての学校の学生同士をテクノロジーによって繋ぐため、2億ドルをかけてコンピュータを学校に導入しました。同プログラムは世代全体に影響を与え、過去20年にわたる技術革新のブームに大きな役割を果たしました。

ビル・ゲイツ氏によるVRへの取り組みも、同様に教育活動の質と効果を向上させる事になり得るのでしょうか。彼は、 ”アクセシビリティの確保にはGoogle Cardboardのように手軽に使用できるデバイスや共有ハイエンド機器の学校内への設置が必要であり、あと十年はかかるだろう” と述べています。同氏のVRを用いた活動は今後も注目を集めることになりそうです。

(関連記事)
ビル・ゲイツ、VRでシャラポワとテニスの試合を体験。その感想は?

ビル・クリントン元大統領出演のVR映画「Inside Impact: East Africa」で、東アフリカを見る

(参考)
Bill Gates is Creating VR Content, Bullish on Potential for Education(英語)
http://uploadvr.com/bill-gates-vr-education-content/

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/