『GANTZ』のVRアトラクションが登場

奥浩哉氏のSFアクションコミック『GANTZ』を原作とした3DCGアニメーション映画『GANTZ:O_VR』の映画公開記念特別展示が行われることが発表されました。展示の中には『GANTZ:O_VR』の世界を体験できるVRアトラクションが含まれています。

image02 copy copy

東京都・新宿のNEWoManにて2016年9月14日(水)〜10月23日(日)の期間中に実施される本展示では、10月14日(金)に公開予定の『GANTZ:O』の設定資料やイメージボード、絵コンテなどが公開。さらに、ガンツ製造工場を彷彿とさせる体験エリアでは『GANTZ:O』の世界に擬似転送するガンツ型のVRアトラクション『GANTZ:O_VR』を体験可能となっています。

image00 copy copy copy copy copy copy copy copy

image01 copy copy copy copy copy copy

『GANTZ:O_VR』は、専用の半球形型回転椅子に座り、映画『GANTZ:O』の世界に転送されるVRアトラクション。椅子に仕込まれたユニットにより、映像コンテンツと連動して身体に直接振動が伝わってくる機構が搭載されているとのこと。

体験できる映像コンテンツの制作は、映画と同じく3DCG映画『APPLESEED』でCGディレクターを務めた川村泰氏監修の下、『青鬼 ver.2.0』などのホラー映画の監督経験を持つ前川英章氏が監督を務めます。

9月2日時点で、アトラクションで体験できる詳細内容は明かされていません。生きるか死ぬかの世界観を描いたSFアクション『GANTZ』のVR化ということで、どのような内容か気になるところです。

(参考)
映画公開記念特別展示 GANTZ:O –驚愕の映像世界への転送体験-開催決定!
http://gantzo.jp/news/

関連記事はこちら

この記事を書いた人