NVIDIAのHTC Vive向け縁日ゲームが10万DLを突破

GTX1080・1070の性能を活かし、現実と同じ物理法則を再現したサンドボックス型VRデモ『VR Funhouse』が、10万ダウンロードを突破したことが明らかになりました。

VR Funhouse

高性能な物理エンジンが採用されたミニゲーム集

『VR Funhouse』は、GPUメーカーのNVIDIAが最新のGPUであるGTX1080・1070の性能を最大限に引き出すVRデモとしてリリースしたもの。HTC Vive向けの無料ミニゲーム集です。

同社の開発するVR対応ライブラリ「VRWorks」が使用されています。高性能な物理エンジンで、VRで現実と同じ物理法則を再現しています。

射的やバスケシュート、もぐらたたきにダーツといったシンプルな遊びが楽しめる本作は、7月15日のリリースから2ヶ月弱で10万ダウンロードを突破。

スマホやゲーム専用機に比べてまだまだ浸透していないVRヘッドセットということを考えると、異例の数字と言えます。

https://www.youtube.com/watch?v=nhQCV6pNqY4

新作MODとMODキットが配信開始

また、NVIDIAはこれに伴い、5つの新たなMODを配信開始しました。

VR Funhouse

ユーザーが『VR Funhouse』向けのMODを製作できるMODキットも配信開始。これにより、遊ぶ、作る、配布するといった楽しみ方が増えました。

VR Funhouse

SteamワークショップではすでにユーザーによるMODも公開されており、10万ダウンロードを突破したこともあって多くのプレイヤーが様々なコンテンツを制作することが期待されます。

『VR Funhouse』Steamストアページ(無料プレイ)
http://store.steampowered.com/app/468700

(参考)
UploadVR / NVIDIA Reveals ‘VR Funhouse’ Has Been Downloaded 100,000 Times(英語)
http://uploadvr.com/nvidia-reveals-vr-funhouse-downloaded100000-times/

HTC Vive(Steam VR)についての最新情報はこちら

HTC Vive(Steam VR)のソフト紹介はこちら

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor