FOVEとテクノブラッド、視線追跡VRHMDを日韓のネットカフェへ無償提供。コンテンツ開発促進も

インターネットカフェ等を運営する株式会社テクノブラッドは、視線追跡可能なVRヘッドマウントディスプレイFOVEを日本と韓国両国のインターネットカフェへ無償提供し、VRコンテンツの体験プラットフォームを展開するため、パートナーシップを提携することを発表しました。

ユーザーがVRを体験する入口としてネットカフェを提供するほか、FOVEのコンテンツ開発の支援体制も整えてことを明らかにしています。

FOVEは日本人の小島由香CEOの元、世界初の視線追跡機能搭載のVRHMDです。2015年Kickstarterにて目標を達成し、現在開発中。

20160203124034

20160203182708[1]

テクノブラッドは、日本のみならず韓国でも『FOVE』を展開するため、韓国向けにネットカフェ管理ソリューションを提供していることで知られる関連会社の株式会社N Media Platformを通じて、日韓両国で『FOVE』を用いた VR コンテンツの体験プラットフォームを展開していくとのこと。「今回のこの取組により、日韓合計約 7,000 店舗のネットカフェを基盤とした月間約 2,500万人のユーザーにアプローチできる大きなVRコンテンツの体験プラットフォームを構築」していくとしています。

20160203182708

テクノブラッドは、日本のネットカフェ向けのコンテンツ配信プラットフォーム『プロビジョン』で、ネットカフェの90%以上、約10万台のPCにコンテンツの提供を行っています。同様にN Media Platformは韓国でコンテンツ配信プラットフォームを手掛けています。

VRHMDの課題点である、ハイスペックPC、コンテンツ配信の環境整備、スペースの必要性などを、ネットカフェでサポートすることでユーザーがVRの世界を気軽に体験できる入口「Gate」にしたいとのことからこの取り組みを『Virtual Gate Project』と呼称しています。PCのグラフィックボードメーカーであるnVIDIA, AMDなどと協力すること。またFOVE向けのコンテンツ開発を促進には、コロプラネクストの展開するColopl VR FundTokyo VR Startupなどの日韓のベンチャーキャピタルが出資を検討することも合わせて明らかにしています。

(関連記事)
HTC、中国最大手のネットカフェと提携。ネットカフェへのHTC Vive導入を発表

(参考)
プレスリリース
http://www.technoblood.com/press/pdf/20160204.pdf

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/