視線追跡できるVRヘッドセット「FOVE」72時間でKickstarter(キックスターター)の目標額25万ドルを達成

5月19日からKickstarterでクラウドファンディングを行っていたVRデバイス「FOVE」が開始から3日経たずに目標金額の25万ドル(約3000万円)を達成しました。

Kickstarterキャンペーンページ

FOVEはOculus Riftなどと同様に、360度の体験ができるVRヘッドマウントディスプレイです。最大の特徴は目の動きを認識できるという点。目線でポインターを動かしてシューティングゲームの照準を合わせたり、VR内のキャラクターが目線に反応するコミュニケーションがとれたり、と自然な認識ができることが特徴です。

a0f15d34356c1cb46c7aa86e99034529_original

目で照準が合う自然な感覚!視線を認識するVRデバイス「FOVE」がKickstarterを開始

5月24日時点では760人以上から28万ドル以上を集めており、終了日は7月4日。残る期間は40日以上もあるため、どこまで資金が集まるか注目したいところです。
開発者版等の、実際のデバイスが出荷されるのは2016年5月以降とされています。


(参考)
FOVE公式(英語)
http://www.getfove.com/

FOVE: The World’s First Eye Tracking Virtual Reality Headset – Kickstarter(英語)
https://www.kickstarter.com/projects/fove/fove-the-worlds-first-eye-tracking-virtual-reality

視線追跡が可能なVRのヘッドセット「FOVE」に関する他の情報はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/