VR対応のレーシングゲーム「Formula C」Steam Greenlightに登場。日本語版もリリース予定

PCゲームのオンラインプラットフォームSteamでは、日々多くのゲームがリリースされていますが、VR対応のゲームが増えつつあります。

今回、VRHMD対応のレーシングゲーム「Formula C」が登場しました。

https://www.youtube.com/watch?v=LqdffjVgak8

「Fomula C」は、タイムアタック型のレースゲームです。赤と黒が基調の、非常に色使いが独特なコースを高速で走り抜けます。Oculus RiftやHTC ViveなどのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)に対応しており、VRでベストなゲームを体験できるようなデザインにされていると謳っています。

image00

現在公開されているデモ版には20コースが収録されており、Oculus Rift DK2に対応しています。開発チームには日本人もいるということで、日本語版もリリース予定。現在はGreenlight中のため、体験版を公開し、ユーザーの投票を受け付けています。

image02

image01

(参考)
Formula C
http://formulac.eulercode.com/

HTC Vive(Steam VR)についての最新情報はこちら

HTC Vive(Steam VR)のソフト紹介はこちら

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/