約8km先まで6Kの360度中継が可能なドローン「Flying Eye」登場

360 Designsは、新型のドローン「Flying Eye」を発表しました。このドローンは6K画質の360度ライブストリーミング映像を5マイル(約8km)以上離れても伝送できます。

空を自由に

同社の「Flying Eye 3 Mini 360 video camera」は、360度の映像を10ビットカラーの6K/30FPSで撮影できる、持ち運びにも適したデバイスです。立体視が可能なステレオ撮影はできません。

このドローンから転送されるデータを受け取る専用の「Breeze 6K」ベースステーションとペアになっており、離陸から5マイル以上を飛び回ることができます。360度視聴向けに圧縮されたHVEC(H.265〕形式で伝送します。

「我々はプロフェッショナル向けの360度ライブストリーミングドローンのプラットフォームを作成したいと考えてきました。空にはもはや限界はありません」と、360 DesignsのCEO、Alx Klive氏は述べています。

Flying EYE – 6K Broadcast quality live streaming VR drone from 360 Designs on Vimeo.

プロ向けに約800万円から発売

「Mini Eye 3 360 camera」は立体映像でこそないものの、ポストプロダクションの際に発生しがちな繋ぎ目がなく、天頂・天底部分に空白がないといった特徴があります。

「Flying Eye」はプロフェッショナルを対象としており、パッケージは7.5万ドル(約818万円)から発売されています。

  

  

(参考)
Road to VR / This Drone Broadcasts 6k 360 VR Video Wirelessly up to 5 Miles(英語)
http://www.roadtovr.com/drone-broadcasts-6k-360-vr-video-wirelessly-5-miles/

Mogura VRは、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ