ベストセラー恋愛小説『フィフティ・シェイズ』シリーズ劇場版のVR体験が制作中

ベストセラー恋愛小説シリーズを原作とする映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』(2017年公開予定)のVR体験が開発中であることが明らかとなりました。同作の監督を務めるJames Foley氏がロサンゼルスで開催されたVR on the Lotにて明らかにしたもの。

フィフティ・シェイズ

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は世界的にベストセラーとなり1億部以上を売り上げている恋愛小説3部作『フィフティ・シェイズ』シリーズの第2作目の劇場版です。過激な官能シーンが話題を呼びました。アメリカでは2017年2月に封切りとなります。

予告編

https://www.youtube.com/watch?v=taSLRLXDSiw

VR体験は同作のプロモーション用に制作されているとのこと。映画の撮影時に360度動画の撮影機材を持ったスタッフが同行しています。

ハリウッドでは、さまざまな映画のプロモーション用にVR体験が制作されつつあります。各スタジオも相次いで参入しています。

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』官能シーンが特徴的な作品なだけに、果たしてどのようなVR体験となるのか。発表時には、「アクションが多め」とのコメントもあり、注目したいところです。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ