美少女キャラになって実況する方法を本人が公開【FaceRig × Live2D】

2016年の開始早々、話題となった美少女キャラによるゲーム実況。中身が誰だろうとキャラクターが実況しているかのように感じてしまうバーチャル実況です。

image201601032308381

実況を行ったGOROman氏が、そのノウハウを包み隠さず公開しました。

中の人(二次元)になる方法【FaceRig × Live2D × Unity × OBS × AVVoiceChanger × 気合】(Qiita)

このゲーム実況は、1月3日に行われたもの。ウェブカメラを使い、実況者の表情を2次元のキャラクターに反映させ、あたかもそのキャラクターが実況をしているかのように見せるというもの。実況主(?)の地声を消すためにボイスチェンジャーを入れたり、ボタン操作に合わせてキャラクターの前のゲームパッドが動くことで、その臨場感を更に高めています。

使用したツールは比較的簡単に手に入るものですが、ゲームパッドを動かす方法などテクニカルな部分もあるため、ノウハウ共有は嬉しいですね。

なお、この方法を使うと、もちろん美少女だけでなく男性キャラや動物など様々なキャラクターになりきることができます(筆者的にアライグマはかなりのツボでした)。

image201601120903101

気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

関連記事:これこそバーチャル!FaceRigとボイスチェンジャーで美少女キャラによるゲーム実況が実現

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ