Facebookでゲーム実況や360度SSの共有が可能に

NVIDIAはCES 2017にて、同社のソフトウェア「Geforce Experience」を使用しているユーザーに対し、VRコンテンツなどのプレイ動画のFacebook Liveへの配信をサポートすることを発表しました。ソフトウェアのアップデートには、360度のスクリーンショットを共有する機能も含まれています。

GeForce Experienceは、動画キャプチャをサポートするNVIDIAのGPU用のソフトウェアです。これまでTwitchやYouTube経由のライブストリーミングをサポートしていましたが、GeForce Experienceの新しいアップデートにより、ユーザーはFacebookアカウントに接続し、VRコンテンツなどのゲームプレイを含む内容をFacebookに直接ストリーミングすることができます。

ゲームの360度画像を撮影する「Ansel」もFacebookと連携

加えてこのアップデートでは、Nvidiaのカメラ機能「Ansel」を使用して撮影した360度画像をFacebookに共有できるようになります。画像はGear VRなどで見ることができます。

NVIDIAによると、Facebookによるライブやゲームストリーミングに対するサポートは徐々に手厚くなっており、そこに6億人規模のビデオゲーム配信の視聴者が存在するため、TwitchやYoutubeと同じようにサポートしていきたいという理由があるとのことです。

なお、現時点では、ライブコメントや反応を見ることができないため、ストリーミング視聴者と直接対話する方法はありません。

(参考)

VR Livestreaming to Facebook Now Supported by NVIDIA GeForce Experience

http://www.roadtovr.com/nvidia-announces-gameplay-streaming-to-facebook-live-through-geforce-experience/

※MoguraVRはRoad to VRのパートナーメディアです

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人