展示会の出展ブースを360度画像で再現 電機大手も導入

グローブコム株式会社が運営している展示会ドットコムは、2017年9月8日、360度VR映像で展示会の出展ブースをネット上に再現するサービスを開始しました。

本サービスは、360度写真と画像を組み合わせることで展示会の出展ブースを再現するサービスです。

利用者は360度写真でブース内を閲覧し、緑色のアイコンで他の視点へ移動することで歩き回ることができます。また、赤く表示されたアイコンを選択することで、より詳細な情報を閲覧することが出来ます。

メリットとしては下記が挙げられます。

・コンテンツの「再利用」で早く・効果的にPRが可能。
・多くのターゲットに向けてPRが可能。
・本来は3日で壊されるブースを、ネット上に「永遠に残す事」が出来ます。
・持ち運びが自由自在。ノートPC、タブレット、さらにスマホでも「サクサク」動くので、営業ツールとしての活用も可能。
・ナーチャリングやMA(マーケティングオートメーション)のフロントエンドとして使う事が可能

導入事例

日立製作所
パナソニック

(参考)
展示会・見本市のブースを360度VR映像でネット上に再現 /Value Press
https://www.value-press.com/s/pressrelease/189287

関連するキーワード: グローブコム展示会ドットコム

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ