VR脱出ゲーム『エニグマスフィア』新PV公開

12月6日のOculus Touch発売に先立って、日本発のOculus Touchローンチタイトル『エニグマスフィア』より新PVが公開されました。世界でも戦えるVRゲームを目指すとしています。

https://www.youtube.com/watch?v=-QTxeROSc8k

”2人”で協力するVR脱出ゲーム

『エニグマスフィア』は、株式会社よむネコの開発する「2人同時協力プレイ」VR脱出ゲーム。

Oculus Rift用ハンドコントローラー「Oculus Touch」のローンチタイトルの一つとして、12月6日に1,980円でリリース予定です。

内容は全20ステージ、プレイ人数は1~2人で、想定プレイ時間は1時間半~2時間ほどのボリューム。

新しく公開された約1分のPVは、全20の様々なステージが紹介されたゲームプレイ中心の映像となっています。

また11月19日~12月18日の期間限定で、大阪・梅田ジョイポリスにて『エニグマスフィア~透明球の謎』が稼働中です。

ローンチタイトルは約50、日本からも6タイトルがリリース

『エニグマスフィア』はこれまで東京ゲームショウ2016やTREND EXPO TOKYO 2016へ出展し、「2人協力プレイ」のVR脱出ゲームとして多くの評判を得てきました。

11月にはシード資金調達を実施し、Oculus Rift以外のハイエンドVR機やモバイルVRへのマルチプラットフォーム対応も進められています。

よむネコの新清士氏はOculus Touchの発売を目前にして、「いよいよ世界を舞台とした株式会社よむネコにとってのVRゲーム競争が始まります。引き続き私たちは『世界で戦えるVRゲーム』を目指して、チーム一丸となって開発に取り組んでまいります」と語ります。

12月6日のOculus Touch発売までいよいよ1週間。

Oculus Touchローンチタイトルは世界で約50タイトル、日本からも『エニグマスフィア』を含めた6タイトルが発表されています。

(参考)

株式会社よむネコ – プレスリリース

http://www.yomune.co/single-post/2016/11/29/エニグマスフィアの新プロモーション映像公開!

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor