スマホだけで360度撮影を行うプラットフォーム構築を目指すEmergent VR、グーグル等から220万ドルを資金調達

サンフランシスコの「Emergent VR」はスマホで360度撮影と共有を行うプラットフォーム構築を目指しています。10月15日、彼らは220万ドル(約2.6億円)の資金調達を行うことを明らかにしました。

Emergent VRは、iPhoneやAndroidのスマートフォンを使い撮影された360度体験をSNS上で共有できるプラットフォーム「Mobius」(コードネーム)を構築しようとしています。このMobiusのソフトウェアを使えば、スマートフォンをVRカメラとして使うことができるとのこと。いわゆるパノラマ撮影と同じような仕組みで撮影されたものを貼り合わせるとのことですが、6K相当の解像度の360度静止画を撮影することが可能とのことです。
撮影には2分程度かかり、スマホ内部で2,3分の処理が行われるとのこと。

RoysRedwoodsPano
(原寸大の写真です)

開発チームを率いいる共同創業者のピーター氏とクリス・ウィーラー氏はドリームワークス・アニメーションで「カンフー・パンダ」などの制作に携わっていました。彼らはCondition Oneという360度動画のスタートアップも立ち上げており、PC向けにZero Point、Gear VR向けにConditon Oneという同名のタイトルも配信しています。

https://vimeo.com/86717334

どのような形になるのか詳細は不明ですが、360度静止画にシームレスな動画を追加することも可能になるとのこと。今回の出資元を見ると、グーグル傘下のGoogle VenturesやVRへの投資に積極的なRothenberg Ventures、Accel Partnersが名を連ねています。既にGoogleストリートビューではパノラマ撮影した360度静止画の共有が可能になっていますが、今後Mobiusを使ったサービスがどのような進化を遂げていくのか注目したいところです。

(参考)
Emergent VR Raises $2.2 Million To Build The First Mobile Experience Sharing Platform
http://www.emergentvr.com/emergentvr-raises-2-2-million-for-mobile-experience-sharing-platform

UploadVR / Emergent VR raises $2.2m for consumer content capture solution
http://uploadvr.com/emergent-vr-raises-2-2m-for-consumer-content-capture-solution/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ