6月開催のE3 注目したいVR・AR関連の動向まとめ

ゲームの展示会E3は6月の第三週にロサンゼルスにて開催されます。ここ数年はVR関連の発表も増えてきており、ハードウェアであるヘッドマウントディスプレイ(HMD)も新たな機種や次々と登場して盛り上がりを見せています。昨年のE3開催当時の主なHMDといえば、Oculus Rift、Gear VR、HTC Viveといったところでしたが、それから一年と立たない内にPlayStation VR(PSVR)やDaydreamなどもリリースされてきました。

以下では、いくつかのVR/AR関連企業のE3 2017の参加の是非と、着目ポイントを記載しています。

Oculus(Facebook)

2014年の初登場以来、徐々にブースを拡大していったOculusが今回はE3にブースを設けません。ただし、Oculusはこのところ複数のパートナー企業と協力して、良質なゲームを手がけてきています。このため、Oculus自体がブースを設けることがなくとも、同社の製品を利用したコンテンツがE3に登場することは十分に考えられます。

HTC Vive

HTCの子会社が発表会を検討中との話もありますが、HTC Vive本体は今年のE3にブースを設けないとのこと。しかしながら、HTC Viveも新規ハードウェアによるプレゼンスの高まりを続けており、今年3月から一般にも入手可能となった「Viveトラッカー」など、VRにおけるエコシステムを作りあげつつあります。

ソニー

プレスカンファレンス:現地時間12日午後6時(日本時間13日午前10時)

PlayStationブランドを通じ、今やE3の常連となったソニーは今年も登場します。ただし、プレスカンファレンスでの発表内容はその大枠すらまだ明らかとなっていません。PSVRは全世界で100万台以上の売上が想定されており、これだけの普及を果たしたソニーの次なるステップ、さらなるコンテンツの登場に注目が集まっています。

Valve

ValveのCEOであるGabe Newell氏は、同社が現在3つのVRゲームを開発中であると述べています。現在のところ、今回のE3への参加および発表等については何一つ言及がなく、その動向は明らかではありません。

マイクロソフト

プレスカンファレンス:現地時間11日午後2時(日本時間12日午前6時)

Xboxブランドにより、例年E3で大きな存在感を放つマイクロソフトは参加を決定しています。着目すべきポイントは多く、VR対応予定のゲーム機とうたわれている「Project Scorpio」、「HoloLens」やAcer製のMRヘッドセットに関する新たなニュースが期待されます。特に「Project Scorpio」についてはその価格と発売日が発表されるのではという見方もあります。

インテル

一体型のVRヘッドセット「Project Alloy」のリファレンスデザインにより、本格参入してきたインテルもE3に参加します。以前に、2017年中には製品を世に出すとの発表もあることから、何らかのアナウンスがあることが期待されます。

NVIDIA

ハイエンドなVR体験を支えるグラフィックスカードを実現してきたNVIDIAは今年も例年通りの参加です。どのような発表するのかはまだ明らかではありませんが、最新型のGPUが展示される可能性もあります。

AMD

同じくグラフィックカードを手掛けるAMDもE3への参加が決まっています。同社の最新型GPUである「Vega」が今後数ヶ月でリリースされるとも言われており、時期的に考えるとE3で披露されることも考えられます。

Bethesda

プレスカンファレンス:詳細時刻は後日発表 ※現地日程では11日中とのこと

世界的に人気のゲームのVRゲーム『Fallout 4 VR』 のデモを実施するとの予告もあり、プレスカンファレンスも含めてE3に参加予定です。以前のデモではHTC Viveで行われていましたが、今回はいずれのプラットフォームが用いられるかは不明です。

Ubisoft

プレスカンファレンス:詳細時刻は後日発表

Eagle Flight』 などの評判の高いVRゲームをリリースしているUbisoftもE3に参加予定です。同社はE3開催の2週間前に最新作となる『Star Trek:Bridge Crew』 をリリース予定しています。このため、プレスカンファレンスでは既存ゲームのDLCコンテンツ、あるいは新作のアナウンスなどに期待したいところです。

Survios

Steamで売上1位を記録したVRゲーム『Raw Data』を手掛けたSurviosは、E3に参加するだけでなく、E3のアフターパーティーの内の1つの主催者にもなるとのこと。これまでのSurviosからの発表は、いずれも大きな展示会を通して行われてきました。このため、E3という大きな舞台で新情報が発表されることが期待されます。

Playful Corp

Oculus Riftのローンチタイトルである『Lucky’s Tale』をリリースしたPlayful CorpもE3にブースを構えます。『Lucky’s Tale』が登場してからは既に1年以上が経過していることから、何らかの新作情報があるかもしれません。

Owlchemy Labs

Job Simulator』、『Rick and Morty: Virtual Rick-ality』などユーモアある作品をリリースしたOwlchemy Labsは、E3への参加予定はありません。Owlchemy Labsによると、新たなゲームのプロトタイプの開発のため、E3へと参加している余裕がないとのこと。

Twisted Pixel

Oculus Rift用のホラーアドベンチャーゲーム『Wilson’s Heart』を制作したTwisted PixelはE3に参加予定です。新作発表というよりは、新作である『Wilson’s Heart』を体験ブースにて披露するのが主な目的ではと想定されています。

その他

上述した企業のE3への参加是非やその内容は、今後変更される可能性があります。また、この他にも様々なVR関連企業がE3に参加する予定となっています。

(参考)
E3 2017: Everything You Need To Know About VR And AR At This Year’s Show(英語)
https://uploadvr.com/e3-2017-vr-ar-this-year/

関連記事はこちら

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ