「リアルすぎるグロさ」協力シューター『Gunheart』

『Gears of War』や『Robo Recall』などを手がけてきたゲーム開発スタジオDrifter Entertainmentが、新作となる協力型VRシューティング『Gunheart』を発表しました。

王道のVR Co-op FPS

VRゲームでの新しい表現が模索される一方、今まで親しまれてきたジャンルをVRに落とし込んだ作品も人気を得ています。Drifter Entertainmentの新作『Gunheart』は、これまでのVRゲームや同スタジオのノウハウをさらに磨いた協力型シューティングです。

https://www.youtube.com/watch?v=VjXRdyD21sk

UploadVRのレポートによると、作り込まれた敵キャラクターは不快になるほどリアルなグロテスクさだったといいます。ロビーにはゲームに参加するためのエリアやキャラクターのモデルを観察できるギャラリーなど、様々なコーナーがあります。

空中へのペインティングやバルーンシュートなど、ポップなソーシャルツールも用意されています。

多彩な武器でステージを進む

『Gunheart』ではピストルだけでなく、空中で軌道を制御できるクロスボウ、壁で跳ね返る射出カッターなど多彩な武器を用いて敵を倒し、ステージを進んでいきます。

レポーターが体験したデモでは、wave式シューターのように迫りくる敵を撃退しつつ先へ進んでいく形式だったとのことです。またDrifterの共同設立者であるRay Davis氏は、リリース時には他にもいくつかのゲームモードが追加されるとしています。

本作の移動方法はワープ方式で、ワープ先のポインティングだけでなく、『Robo Recall』のようにスティックで移動方向を決めることもできます。Davis氏は、ワープ能力はゲーム中のプレイヤーキャラクターの持つ「超能力」であり、体験の肝として掘り下げられていると述べています。

『Gunheart』は、Oculus Rift及びHTC Vive向けのリリースを予定しています。

・Drifter Entertainment公式サイト
https://www.driftervr.com/

(参考)
UploadVR / Gunheart Is An Intense Co-Op Shooter From Gears of War And Robo Recall Devs(英語)
https://uploadvr.com/gunheart-coop-gears-war-robo-recall/

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ