ドリームワークスがGear VR向けに映画の予告編を楽しめる「Dreamworks VR」を公開

5月19日、サンフランシスコで開催されたシリコンバレーのVR開発者のカンファレンスSVVRにて、ドリームワークス社がVRコンテンツを発表しました。

screenshotshare_20150520_085938

ドリームワークスは、「トランスフォーマー」、「シュレック」などを手がけるアメリカの映画会社です。今回提供される「Dreamworks VR」は、サムスンのVRヘッドマウントディスプレイGear VR向けのアプリで、同社が配信するコンテンツを体験することが可能になります。

アプリの提供開始とともに公開されるコンテンツは、ドリームワークスのこれまでの作品を繋ぎあわせて紹介する「20 Years of Dreams And Laughter」。映画「ホーム」と「ペンギン From マダガスカル」の予告編。

screenshotshare_20150520_093331

いずれも、映画の世界観を再現したシアターの中で、大画面に映し出される予告編を眺めるというもの。

screenshotshare_20150520_093354

先日は、マーベルがアベンジャーズの続編のプロモーションのVR体験を公開しました。映画の魅力を伝えるためのVRの活用が本格的になりつつあります。

『アベンジャーズ』新作の360度予告編がYoutubeで公開。Gear VR向けVR版も配信

本アプリは、Oculus Storeより無料でダウンロード可能です。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/