NTTドコモと凸版印刷、5G通信を利用したVR配信を公開実験

株式会社NTTドコモと凸版印刷株式会社は、ドコモが2020年のサービス開始を目指している第5世代移動通信方式(5G)のモバイルネットワークを利用し、4KVRコンテンツを自動運転バスにリアルタイム配信する実験を発表しました。

凸版印刷とドコモは本実験を通じ、「5Gで実現するVRを用いた体験型観光サービス」について検証するとのことです。

本実験は2017年11月9日から3日間、東京・お台場の日本科学未来館で開催されるイベント「見えてきた、“ちょっと先”の未来 ~5Gが創る未来のライフスタイル~」で実施します。

実験内容は、ドコモの5Gにおける「高速・大容量」「低遅延通信」といった特徴を生かし、凸版印刷の4KVRで再現した「江戸城」の映像コンテンツを、自動運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」にリアルタイムで伝送するものです。

車内の大型モニターや乗客の持つVRヘッドマウントディスプレイ、タブレット端末へ、バスの走行に合わせて映像を表示することで、現存しない江戸城天守を観光しているようなタイムトリップ体験が提供されるとのことです。

また凸版印刷と、本実験の協力を行うブロードメディアGCは、今後5Gの普及とグラフィック演算処理のクラウド化が加速することにより実現が期待される、モバイル環境でのVRコンテンツの生成・配信について、その技術検証を行うとしています。

公開実験の概要

実施期間

2017年11月9日~11日

実施場所

日本科学未来館 「見えてきた、“ちょっと先”の未来 ~5Gが創る未来のライフスタイル~」内

目的

・大容量のデータ転送や高い応答性が求められるVRコンテンツを用いた低遅延モバイルブロードバンド通信の技術検証
・クラウドレンダリングによる超高精細VRコンテンツ配信プラットフォームの技術検証

各社の主な役割

(1)凸版印刷
VRとGPSを連動させた観光情報を提供する体験型観光VRアプリ「ストリートミュージアム」の技術をもとに、独自の4KVRコンテンツ「江戸城」を用いた高精細VRコンテンツ配信を行う独自開発アプリの提供を通じて、配信技術の実証とサービス化に向けた検証を行う。
(2)ドコモ
自動運転バスに無線で大容量データを届けることができる5Gの通信技術と実験設備を提供し、5Gの特長を生かした配信サービスについてさまざまな通信環境での検証を行う。
(3)ブロードメディアGC
クラウドゲーム配信システム「Gクラスタ」を活用し、凸版印刷と共同開発した高精細大容量インタラクティブコンテンツの配信技術開発ならびに有用性の検証を行う。

(参考)
凸版印刷株式会社 ニュースリリース
http://www.toppan.co.jp/news/2017/11/newsrelease171107.html

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: NTTドコモブロードメディアGC凸版印刷

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com