NTTドコモ、5Gの活用でVR観光案内等のトライアルサービスを提供へ

NTTドコモは、1月27日に発表した2016年度第3四半期決算短信にて次世代の高速通信「5G」の活用分野としてAR/VRに言及しました。

NTTドコモは2016年4~12月期連結決算が、純利益が前年同期比20%増の5894億円となりました。

今後の取組として、「5Gがめざす世界」として、5Gの特徴である高速・大容量を活かした分野として4K/8Kストリーミングやスタジアムソリューションとともに、AR/VRを紹介しています。

5Gを活用した新サービスの体験環境を構築するとし、パートナー企業と連携して取組んでいく方針を打ち出しています。例として、東武鉄道グループと「VRやAR等を活用した観光案内サービス」を、凸版印刷と「VRを活用した高品質な体験型コンテンツ配信」等のトライアルサービスに取り組んでいくとしています。

NTTドコモは、既に2016年11月に東武鉄道とも5Gを使ったスカイツリーでの共同実証実験に2017年5月より取り組むことを発表しています。また、同社はスマホ向けにアーティストの360度映像を配信する「dTV VR」を展開しています。

(参考)

NTTドコモIR情報

https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/library/presentation/index.html#170127

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ