ドイツ銀行、2020年までにVRの市場規模が70億ドルになるとの予測を発表

ドイツ銀行は、5年以内にVRの市場規模が70億ドル(約8400億円)になるとの予測を同行のレポートの中で発表しました。

このレポートは、2016年にOculus RiftやProject Morpheusが発売された後の市場を予測したものです。Oculus Riftの最初の製品版は350ドル程度で150万台程度売れ、据え置き型のVR市場の半分程度を占めるとの見通しを明らかにしています。こうしたハードウェアの売上でOculus VR社の親会社であるFacebook社は6億ドル(約720億円)の収益を上げるほか、ソフトの売上からは7500万ドルから1億ドル程度の収益をあげるだろうとの具体的な見通しを示しました。

image201509140940031

また、当面主なマーケットとなるのは、据え置き型ではなくスマートフォンを使ったモバイルVRの市場になると予測しています。スマートフォンの普及状況から導き出されたものであるとのこと。2020年までに全スマートフォンユーザーの3%がVRヘッドセットを装着するようになるだろうと予測しています。全世界で約2500万人が利用することになります。そして、ドイツ銀行は据え置き型とモバイルを合わせたVRの市場規模が7億ドルにのぼると予測、ハードウェアとソフトウェアの売上が3億ドルを占め、残りは広告になるだろうとし、VRを使った広告の可能性に注目しています。

Facebook社は昨年Oculus VR社を20億ドルで買収しています。また、製品版Oculus RiftにはマイクロソフトのXbox Oneコントローラーが付属し、Windows10がVRをネイティブサポートするなど連携を強めています。ソニーはPS4向けのProject Morpheusを2016年上旬に発売するほか、Googleはスマートフォン向けにモバイルVRデバイスCardboardを展開、サムスンはOculus VRと協力のもとスマートフォン向け高性能VRヘッドセットGear VRを発売しています。

先日、新技術の将来性を予測するガートナーのハイプ・サイクルが発表され、普及にさしかかろうとしていることが示されています。ドイツ銀行の今回のレポートもこうした状況を総合的に踏まえた上での将来予測であり、今後の投資の加速化などが期待されます。

(参考)
Bidness Etc / Virtual Reality To Be Worth $7 Billion By 2020: Deutsche Bank
http://www.bidnessetc.com/52353-virtual-reality-to-be-worth-7-billion-by-2020-deutsche-bank/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/