デルのMRヘッドセット 東京ゲームショウで試遊へ

マイクロソフトとの提携によって開発中のDell製MRヘッドセット「Dell Visor」が、9月21日より千葉の幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017(TGS 2017)」のDellブースにて試遊展示されます。

Dell製の没入型MRヘッドセット「Dell Visor」

Dell Visorは、マイクロソフトのプラットホーム「Windows Mixed Reality」対応の没入型MRヘッドセットです。Windows 10を搭載したPCに接続することでVR体験が可能となります。Oculus RiftなどのPC向けVRヘッドマウントディスプレイと同じですが、外部センサーが不要で手軽に同程度のVR体験が可能です。

本デバイスは後部に付いているつまみを調節することによって頭部へフィットさせます。また頭や顔に接触する部分に装着されたクッションにより、装着時の快適性を追求しています。発売は10月17日を予定しており、価格は349ドル(約38,000円)を予定しています。詳細スペックに関してはコチラの記事にて紹介しています。

VRゲームの体験やバーチャルYouTuberのステージも

また同ブースでは、VR体験コーナーの設置やバーチャルYouTuberキズナアイが登場するステージが開かれます。

体験できるVRコンテンツ、キズナアイのステージの予定を紹介していきます。

『Raw Data』

https://www.youtube.com/watch?v=8phhKZn4DuM

『Raw Data』は、剣や銃を駆使して迫りくる敵を撃ち払うVRアクションゲームです。敵を倒す爽快感や忍者の操作感で映画のヒーローのような気分になれます。本作は発売月に100万ドル(約1億円)の売上を達成した記録を持っています。

『Zwift VR』

『Zwift VR』は自転車練習用ゲームをVRで体験できます。本作は360度見回せるの景色の中を、実際にペダルを漕いでVRコンテンツとなっています。

『War Thunder VR』

https://www.youtube.com/watch?v=M-LOuma8f74

PCとPlayStation 4対応のマルチコンバットオンラインゲーム『War Thunder』の戦闘機に乗り込む迫力をVRモードで体験できます。本コンテンツは、フライトコントローラとVRの組み合わせたものとなっています。

そのほか当日発表VRデモも用意されています。

「キズナアイ」ステージ

また同ブースの9月24日のステージでは、自称AIのバーチャルYouTuber「キズナアイ」が登場します。詳細については発表されていません。なお、ステージのセッションはAlienwareの放送ページ(ニコニコ生放送/Twitch)から配信される予定とのことです。

イベントステージのスケジュールはコチラより

イベントの概要

イベント名東京ゲームショウ2017
会期・ビジネスデイ9月21日、22日 10:00 ~ 17:00・一般公開9月23日、24日 10:00 ~17:00
会場幕張メッセ  1ー11ホール、イベントホール、国際会議場
アクセス・JR京葉線 海浜幕張駅より徒歩約5分。・JR総武線・京成線 幕張本郷駅より「幕張メッセ中央」行きバスで約17分
入場料・一般(中学生以上) :1,200円 (前売券:1,000円 ) ・ 子供 (小学生以下): 無料前売り券の購入はコチラのページより
主催一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
公式サイトhttp://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2017/

(参考)
東京ゲームショウ 2017 × ALIENWARE 特設ページ
https://alienwarezone.jp/tokyogameshow2017

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com