VRキャラと自然なふれあい ヤマハの対話技術

VR体験は創られた世界に入り込むことで、まるで自分が本当にそこにいるかのような没入感を味わうことができます。今回、VR空間内にいるCGキャラクターとの会話や音声認識を実現させるコンテンツが株式会社エクシヴィより発表されました。これにより、VR内のキャラクターの実在感を向上させることが可能になるとのことです。

同コンテンツは、ヤマハ株式会社の自然応答技術「HEARTalk」をゲームエンジンUnity上で動作させることで、CGキャラクター「ユニティちゃん」が現実に存在するかのような感覚を味わえる自然な会話を楽しめるものとなっています。

VR体験の舞台は、とある学校のPC教室。あなたはユニティちゃんと二人きりというシチュエーションで一緒に楽しくUnityを学ぶことができます。ユニティちゃんの耳となる音声認識技術は、株式会社フュートレックの「vGate ASR」が使用されています。

なお、今回発表されたコンテンツは、10月27日から29日まで日本科学未来館で開催される「デジタルコンテンツEXPO 2017」のエクシヴィブース(C32)にて展示されます。

イベントの概要

名称

デジタルコンテンツEXPO 2017

日時

2017年10月27日~29日 10:00~17:00(27日はビジネスデー

会場

日本科学未来館
(東京都江東区青海2-3-6)

アクセス

ゆりかもめ「テレコムセンター駅」下車、徒歩4分

入場料

無料

主催

一般財団法人デジタルコンテンツ協会

公式サイト

https://www.dcexpo.jp/

(参考)
デジタルコンテンツEXPO 2017 展示ページ
https://www.dcexpo.jp/18777

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: HEARTalkエクシヴィヤマハ

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com