「VR/AR/MRビジネスEXPO」出展社紹介:第4回~積木製作、カヤック、FOVE

VR/AR/MRのビジネスでの活用をより推進するため、DBJキャピタル株式会社と株式会社Moguraは、9月8日、東京・大手町フィナンシャルシティサウスタワーにて「VR/AR/MR ビジネスEXPO」を共同開催します。

当イベントは、VRのビジネス活用に関心のある企業・投資家等を対象に、VRのB2B活用を展開している企業の体験展示、ならびにビジネスマッチングの機会を提供するイベントです。

Mogura VRでは数回に分け、当イベント参加企業の具体的な出展内容を紹介します。最終回となる今回で紹介するのは、VR/AR/MRビジネスEXPOに出展する企業14社のうち、「積木製作株式会社」「面白法人カヤック」「FOVE Inc.」の3社です。

【前回までの記事】

・「VR/AR/MRビジネスEXPO」出展社紹介:第1回~DVERSE、アルファコード、Synamon、ローランド・ベルガー & XVI
http://www.moguravr.com/dbjc-mogura-business-expo-1/

・「VR/AR/MRビジネスEXPO」出展社紹介:第2回~日本マイクロソフト、ホロラボ、ネクストスケープ
http://www.moguravr.com/dbjc-mogura-business-expo-2/

・「VR/AR/MRビジネスEXPO」出展社紹介:第3回~KDDI・GREE・eje・ダブルエムエンタテインメント
http://www.moguravr.com/dbjc-mogura-business-expo-3/

積木製作株式会社

積木製作株式会社は、VR関連の取り組みとして、VRライドマシン「SIMVR」を用いるVRシューティングゲーム『BLAST×BLAST』の開発や、3D空間での自由自在な仮想体験を提供できるVR/ARシステム『VROX』の制作を行っています。今回は「安全体感VRトレーニングを展示」します。

出展作品・サービス名:安全体感VRトレーニング

https://www.youtube.com/watch?v=ZoRa1jSkSMc

建設現場や設備、メンテナンス作業など、幅広い業態における重大な事故のひとつである高所からの墜落。日常的な作業の慣れから、危機感が軽視されてはいませんか?安全体感VRトレーニングでは、実際に体験する事が困難な重大事故や危険な現場をバーチャル再現し、その危険性を肌で感じてもらう事によって、安全に対する意識を高め、労働災害の軽減を目指します。

・建設業の高所作業をVRで研修「安全体感VRトレーニング」が販売
http://www.moguravr.com/vr-anzen-training/

株式会社積木製作 URL:http://tsumikiseisaku.com/

面白法人カヤック

面白法人カヤックは、VR/MRコンテンツを展示する「カヤックのVR展」や、西尾維新氏の原作を映画化した『傷物語』のVRコンテンツ『傷物語VR』の共同開発などを行っています。Mogura VRでは、同社のVR部による連載を掲載しています。今回は『OTOBLOCK』とコマツ「スマートコンストラクション」Tangoアプリを展示します。

出展作品・サービス名:OTOBLOCK


 

https://www.youtube.com/watch?v=kSQC4yaWp7s

VRを使った制作ツールの中で、事例の少ない「音楽制作のためのVRアプリケーション」です。「VR時代の音楽制作は一体どうなるのか」を実験、検証するためのデモを体験できます。

出展作品・サービス名:コマツ「スマートコンストラクション」Tangoアプリ

カヤックは、株式会社小松製作所(コマツ)の提供するICTソリューション「スマートコンストラクション」プロジェクトの一環として、AR技術である「Tango」を用いたスマートフォンアプリのプロトタイプ開発をサポートしました。

本アプリでは、施工中地形に対して完成設計面3DモデルをAR合成して施工進捗を確認できる機能のほか、地形の形状をスキャンして掘削(土を掘る)/ 盛土(土を盛る)部分をAR表現で確認できる機能や、ショベルカー(油圧ショベル)やダンプカーといった建設機械を実寸大AR表示で確認できる機能など、建設現場での実用を目指した様々な機能を実験的に取り入れられています。

・コマツとカヤック、AR技術「Tango」活用 建設現場向けアプリを開発中
http://www.moguravr.com/komatsu-kayac-ar/

コマツ スマートコンストラクション Tangoアプリ URL:https://www.kayac.com/service/client/1527

FOVE Inc.

FOVE Incは、視線追跡型VRヘッドマウントディスプレイ「FOVE 0(FOVE)」を開発しています。FOVEは、株式会社テクノブラッドがネットカフェを中心に提供するVRプラットフォーム「VIRTUAL GATE」にて展開されています。今回は、FOVEの展示とVIRTUAL GATEの体験を行います。

出展作品・サービス名:FOVE 視線追跡型VRヘッドセット with VIRTUAL GATE

https://www.youtube.com/watch?v=icmPt6tGOLE

視線追跡型VRヘッドセットFOVEは、眼でのロックオン、アイコンタクトとアバターによる感情表現、視線によるシナリオ変化など、アイトラッキング技術の活用により、あらたなコンテンツやアプリケーションの開発が可能となります。

また、注視点のみ高解像度とするFoveated RenderingによりGPU負荷を最大1/6まで低減、将来的には動画配信の帯域抑制にも有効です。今回出展では、同社パートナーのテクノブラッドが今年5月にロンチしたVRプラットフォーム「VIRTUAL GATE」のコンテンツも体験可能です。

デモ体験後に次世代機開発に向けたユーザーアンケートを行い、抽選で1人にFOVEのプレゼント企画も実施します。

FOVE URL:https://www.getfove.com/

VR/ARのビジネス活用を検討する場として

本イベントはB2B領域におけるVR/AR/MR活用を導入検討中の方や、VR/AR/MR業界で実績を積んでいるプレイヤーとの接点を作りたい方、ビジネス向けのVR/AR/MRコンテンツを体験したい方等に向けての開催となっています。

当日は上記の3社を含む、合計14社が出展します。Mogura VRでは本日までに各出展社について記事で紹介してきました。また、イベントの詳細や参加申込み等は、こちらのPeatixページから確認・手続きが可能です。

イベント概要

日時:2017年9月8日 11:00から16:00
※開場時間中、いずれの時間にご来場いただいても結構です。
※ブースにより体験にはお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
場所:大手町フィナンシャルシティサウスタワー3階 ホール1・2
(東京都千代田区大手町1-9-6)
参加費:3,000円
募集人数:200名程度
主催:株式会社Mogura、DBJキャピタル株式会社
申込方法:登録ページの「チケットを申し込む」より参加登録へお進みください。

関連するキーワード: FOVEカヤック積木製作

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ