Google Daydreamにサムスンの元VR担当副社長が参画

Googleが開発を進めているハイエンドなスマホVRプラットフォームDaydream。その開発チームGoogle VRにサムスンでVR向けの動画配信プラットフォームを担当していた元副社長Matt Apfel氏が加わりました。

サムスン

同氏は2016年3月までサムスンにてVRコンテンツ担当の副社長を務めていました。サムスンでは360度動画配信プラットフォームである『Milk VR』(日本では未配信)に携わりました。

Googleが推し進めるDaydreamは、2016年秋のローンチを目指しているスマホ向けVRのプラットフォーム。対応スマートフォンとヘッドマウントディスプレイにより、高品質なVR体験が可能になるとしています。

2016年5月の発表では、YouTubeを始め様々なコンテンツがGoogle Play Storeより配信されるとの情報がありました。

なお、Googleは、自身でも試験的にスタジオを立ち上げVR向けの360度動画『Special Delivery』や『Pearl』、『Help』などを制作しています。また、実写の360度動画撮影を推進するための『Jump』と呼ばれるプロジェクトも立ち上げています。

Apfel氏の参画により、Daydream向けに主に没入感の高い360度動画配信のプラットフォーム整備がさらに進むと考えられます。

(関連記事)
GoogleのスマホVRプラットフォーム『Daydream』とは

Googleの新プラットフォームDaydreamが加速するVR普及 ― すんくぼのWeekly VR第3回

(参考)
Former Samsung Vice President Joins Google Daydream Team
http://uploadvr.com/samsung-apfel-google-daydream/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。

Googleが推進する、高品質なモバイルVRのプラットフォーム『Daydream』についての最新情報はコチラ

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/