【プレビュー】敵のハックを繰り返して倒しまくる快感。Oculus Rift向けFPS『Damaged Core』

人の見ている景色やその見え方までを完全に再現できるのは、VRの強み。そんなVRならではの視点を切り替えることが面白さにつながっているOculus Rift向けFPSタイトル『Damaged Core』をプレビューします。

Damaged Core

『Damaged Core』は一人称視点のFPS。開発したのは、『セインツ・ロウ』や『モータル・コンバット』などのゲームの開発を手がけたHigh Voltage。最も特徴的なゲームシステムは、敵をハックし戦うというもの。様々な武器を持った敵をハックして乗っ取ることを繰り返し、激しい戦いをくぐり抜けていく、新感覚のFPSです。

https://www.youtube.com/watch?v=KHuzedhh1fU

未来を舞台とした戦場で、大量にいるアンドロイドが銃口を向けながら襲ってきます。その際に戦場をスキャンし、狙いを定めたその中の1人の感覚を完全ハック。視点は新たにハックしたキャラクターのものになります。

慣れないうちは急に視点が変わるので混乱しますが、敵の体に自分が乗り移り、大勢いる敵の中でバンバンと撃ちまくるのは次第に快感になっていきます。敵からすると、完全な裏切り行為!バレて自分が狙われたら、また別の目標のアンドロイドをハック。次々とこれを繰り返しながら敵を倒していく、スピード感にあふれる爽快なゲームシステムです。

なお、乗り移ることが前提のゲームなので、キャラクターの体力はかなり低く設定されています。敵を倒しては乗り移るテンポの良さが必要となります。自分がハックしたアンドロイドが別のアンドロイドに乗り移る前にやられるとゲームオーバーです。

Damaged Core乗り移る先の敵をフォーカスするズーム。より狙いやすくなっています

Damaged Coreハックする敵を狙っている様子

敵のロボット以外にも空中で偵察している監視ロボットをハックすることも可能。スピード感と激しいアクションが楽しいゲームです。しかし、自分の視界が強制的に揺らされたりする訳ではありません。また、自分の意志で激しく動いているためか、酔いはありませんでした。2016年春の発売を予定しています。

<ソフトウェア情報>
「Damaged Core」
【メーカー】 High Voltage
【開発者】 High Voltage
【対応ハードウェア】 Oculus Rift製品版
【価格】 未定
【操作】 Xbox Oneコントローラー
【リリース日】 2016年春

<Mogura VR的評価>
【オススメ度】★★★★★
【快適さ】★★★★☆(歩くと酔う可能性あり)
【操作性】★★★★☆

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

この記事を書いた人

  • image00

    先端技術好きなデザイナー。VRでは、MVコンセプトアート制作や360度カメラを使用した企画に関わる。多摩美術大中退、CI開発から書籍装丁等の様々なデザイン業務に従事。 THETA LOVERだゾ。

    Twitter:@sayamecci

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/