「理想のリフォーム」をVR体験 大京が提供

大京グループでリフォーム事業を手がける株式会社大京リフォーム・デザインは、自分の部屋のリフォーム後イメージをVRで確認できるサービス「バーチャルリフォーム」を10月より提供開始しました。

同グループはこれまで、売買賃貸物件をWEB上で360度パノラマ画像として観覧できるサービス「ぐるっとネットdeオープンルームVR」やVR技術を用いて定型の部屋のリフォームパターンを観覧できる「バーチャルリフォームルーム」の導入を行っています。

今回発表されたバーチャルリフォームを通して、利用者により分かりやすいリフォーム提案を行うことで、中古住宅に新たな価値を提供しリフォーム市場の活性化に取り組んでいくとのことです。

今回の新サービス「バーチャルリフォーム」は、自宅などをオーダーメイドでリフォームしたいと考える利用者を対象しており、最大3種類までオーダーに沿ったリフォームイメージのCG画像を制作します(プラン作成後3営業日)。リフォーム予定の室内に立ってVRゴーグルを使用すると、自分の部屋がリフォーム後の部屋に変わるような感覚を体験できます。

同サービスにより、利用者は従来の2D図面よりもリフォーム後の室内をイメージしやすくなるほか、プランナーや工事店がリフォームイメージを共有認識することも可能で品質管理の工場や業務効率化も期待されるとのことです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: 大京リフォーム・デザイン

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com