Oculus VR CEO「Oculus製品版はPCと合わせても1,500ドル以内」とコメント

Oculus VR社のCEO、ブレンダン・アイリブ氏は27日、Oculus Rift製品版の価格について、必要環境を満たしたスペックのPCと合わせて購入しても1500ドル(約18万円)以内になるだろうとのコメントをしました。

riftblog

ブレンダン氏はRe/codeのカンファレンスで登壇しました。

「私達は、もし出かけてOculus Riftと新しいPCを買おうと思った時にかかるトータルの価格を見据えています。1500ドル以内にはおさまるようにしたい」とコメントし、将来的には1000ドル(約12万円)以下まで下げたいとの見解を示しました。

要求スペックについては既に公表されていますが、日本国内で手に入れるには現時点で10万円以上かかるデスクトップPCを用意する必要があります。

同程度の高性能なVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)としては、SonyのProject Morpheus、ValveのHTC Viveがありますが、いずれも価格は未定となっています。Oculus Riftの価格に対して、高価、普通の人はその価格帯のPCを求めない、との見解も出始めています。

しかし、この価格はこれまでに一般向けには登場していなかった性能のVRHMDの最初に発売される製品版の価格です。PCのグラフィック性能の向上も見込まれるため、必要なスペックを満たすPCの価格が下がるまであまり時間がかからない可能性もあります。

振り返ってみるとPCは登場当時の20数年前は数十万円する非常に高価な機器でした。当時とは比べ物にならないほどの性能の物を、現在では数万円で手に入れることができます。VR自体、技術的にもまだまだイノベーションが進む分野です。目下の価格は普及の初速には影響するかもしれません。しかしそれだけで、普及の見通しを悲観せずに、長い目で注視していきたいところです。

 


(参考)
Oculus Rift Total Package Price: Around $1,500
http://recode.net/2015/05/27/oculus-rift-total-package-price-around-1500/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ