VRでメイドさんとイチャラブ  アダルトゲーム『カスタムメイド3D2』VR対応コンテンツが発売

株式会社ワークマンのアダルトゲームソフトブランドKISSは、2017年4月28日(金)より、「カスタムメイド3D2」と「カスタムメイド3D2 With Chu-Blip (S)」に対応したVR特化型追加パック「カスタムメイド3D2 バケーションパックVR」を、DLサイト「S-court DL」にてダウンロード販売を開始しました。

この追加パックは、VRヘッドマウントディスプレイのOculus Rift(Touch推奨)とHTC Viveでプレイすることが推奨されているVR特化型のパックとなっています。ただ、VR機器を持っていなくても、FPSゲームのような1人称視点でプレイでき、通常モードよりも臨場感がある視線操作でプレイ可能となっています。

追加パックのテーマは「VRで夏のバカンス」。雇用しているメイドから1人パートナーを選んで、過去、主人公の叔父が所有していたプライベートアイランドへ2人っきりで旅行へ出かけ、メイドとのラブラブスローライフを送ることができるというものになっています

メイドさんと2人っきりで過ごすバカンス

この追加パックでは、VIPモードや夜伽モードなどアダルトなモード以外にも、多くのモードが実装されています。VRコントローラーを多く使うものだと、ミニゲームモードがあります。

VRコントローラーを駆使してミニゲームが楽しめるモードで、特典により、ゲーム本編でも利用できる衣装が入手できることもあります。

また、ユーザーがもっている動画や音楽ファイルを、特定のフォルダに入れておくことで、ゲーム内の別荘(ヴィラ)にあるAV機器で鑑賞することができます。

もちろん、メイドさんといちゃいちゃするシーンも多く収録されています。家庭菜園や撮影モード、カラオケ鑑賞、その他多くのイベントが盛りだくさんな追加パックとなっています。

「VRでのキャラクターコミュニケーションとは」を考えて作られた渾身の一作

この追加パックは、これまでの「カスタムメイド3D2」とは一風変わったシチュエーションが盛りだくさんです。本作を、「えっちを含むVRでのキャラクターコミュニケーションを考えた時、やってみたいことを詰め込んだ渾身の一作」とKISSは述べています。KISSは、今後もVRや関連機器についての研究を行い、「VRを(えっちな角度から)日常に」を目指していきたいと語っています。

この記事を書いた人

  • 文学部一年生というVRからはほど遠そうな環境なのにVRに興味を持っている人。Rift、Vive、PSVRの御三家がとうとう揃いました。

    Twitter:@takawitomoki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ