ピクサー、ILM、ディズニーの出身者、VRエンタメ会社を創設へ

VRのエンターテインメントを制作する新たな企業、CryWorksが設立されました。同社は、トランスフォーマーなどを代表作とする映画監督のマイケル・ベイ氏率いる451Mediaグループなどから投資を受けて創設されました。

CryWorksは、映画製作やVFX業界の最先端を駆け抜け続けてきた人材を集結させた、新しい「熱中型エンターテインメント」を作成する会社です。CEOのユーアン・マクドナルド氏はLucasfilmILMPixar、Disney ImageMovers Digital、Electronic Artsなどに勤め、過去にはスターウォーズやハリーポッター・シリーズの製作にも関わっていました。

CryWorks

マクドナルド氏は、同社のCTOでもあり映画製作技術の第一人者でもあるハンス・ウーリッヒ氏とともにCryWorksを創設しました。またVFXプロデューサーのキンバー・リム氏もCCOとして名を連ねています。

どういったコンテンツを制作するのか楽しみです。

(関連記事)
『トランスフォーマー』のマイケル・ベイ監督がVR作品を製作中

(参考)
Pixar, ILM and Disney Veterans Launch VR Company CryWorks – Road to VR
http://www.roadtovr.com/pixar-ilm-and-disney-veterans-launch-vr-company-cryworks/

この記事を書いた人

  • ヒューマンウォッチングが好きな大学一年生。VRに関しては、専門的なことも噛み砕いて分かりやすく記事を書こうと思ってます。

    Twitter:@vesnavic

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ