ピクサー、ILM、ディズニーの出身者、VRエンタメ会社を創設へ

VRのエンターテインメントを制作する新たな企業、CryWorksが設立されました。同社は、トランスフォーマーなどを代表作とする映画監督のマイケル・ベイ氏率いる451Mediaグループなどから投資を受けて創設されました。

CryWorksは、映画製作やVFX業界の最先端を駆け抜け続けてきた人材を集結させた、新しい「熱中型エンターテインメント」を作成する会社です。CEOのユーアン・マクドナルド氏はLucasfilmILMPixar、Disney ImageMovers Digital、Electronic Artsなどに勤め、過去にはスターウォーズやハリーポッター・シリーズの製作にも関わっていました。

CryWorks

マクドナルド氏は、同社のCTOでもあり映画製作技術の第一人者でもあるハンス・ウーリッヒ氏とともにCryWorksを創設しました。またVFXプロデューサーのキンバー・リム氏もCCOとして名を連ねています。

どういったコンテンツを制作するのか楽しみです。

(関連記事)
『トランスフォーマー』のマイケル・ベイ監督がVR作品を製作中

(参考)
Pixar, ILM and Disney Veterans Launch VR Company CryWorks – Road to VR
http://www.roadtovr.com/pixar-ilm-and-disney-veterans-launch-vr-company-cryworks/

この記事を書いた人