ゼルダやマクロスを意識 ハリウッドとゲームのベテランが制作するSFファンタジーVR体験『Crowe』

ピクサー出身などのベテランたちが2016年2月に新設したVRスタジオ「The Rogue Initiative」が、新しくファンタジーアドベンチャー『Crowe: The Drowned Armory』を発表しました。

The Rogue InitiativeはVR発のオリジナルIPを展開することを目指しており、本作はその1作目となります。

Crowe

SFとファンタジーが融合したアクションゲーム

『Crowe: The Drowned Armory』は、The Rogue Initiativeが開発しているCroweファンタジーアドベンチャーシリーズの第一幕となるアクションアドベンチャー体験です。

プレイヤーは主人公である少年・Croweになって、仕掛けを解いたり、襲いくる外敵と戦ったりしながら、世界の秘密を解き明かすために古代神殿の謎に迫ります。“ゼルダ”の伝説や“マクロス”などに影響を受けたSFファンタジーの世界観です。

同作は主要なハイエンドVRヘッドセット向けに、2017年初旬に発売予定です。

Crowe

モバイルVRやアニメーションにも展開予定

The Rogue Initiativeの共同創設者でありCEOのPete Blumel氏は、以下のように述べています。

「同タイトルはUnreal Engine 4を用いて開発しており、鋭意制作中です。続報をお伝えできる日が楽しみです。

Croweファンタジーアドベンチャーシリーズは、VR向けの完全オリジナルタイトルです。物語と世界を描くことに注力しています。

本作『Crowe: The Drowned Armory』を皮切りに、続編となるタイトルの他にも、モバイルVRやアニメーションといった様々なメディアでシリーズを展開していきます」

Crowe

The Rogue Initiativeに所属するメンバーは17名。他にも、映画『トランスフォーマー』の監督などを務めるマイケル・ベイ氏と共同でオリジナルVRタイトルの制作を進めるなど、ハイクオリティなVRコンテンツを開発中です。

The Rogue Initiative公式サイト
http://therogueinitiative.com/

(関連記事)

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor