クロスデバイス、VRコンテンツによる観光支援事業を開始 大河ドラマ舞台の再現も

360度動画配信サービス「idoga VR」を運営するクロスデバイスは、株式会社NTTドコモの技術協力を受け、WEB API 連携を利用したVRコンテンツの再生システムを開発、国の地方創生事業の一環となる観光誘致支援事業を開始したことを発表しましした。

観光誘致支援事業の第1弾として、2017年TV大河ドラマ『おんな城主直虎』の舞台となった浜松市から委託を受け、浜松市地域遺産センターや出世の館などに360度視聴システムを構築しました。

本視聴システムは、クロスデバイスのVRソリューション技術とNTTドコモの技術アセットの1つである、デバイス向け汎用WEB APIを連携し商品化したものとなっています。

「井伊直虎ゆかり」の史跡をVRで再現したスマートフォン向けアプリ『まるっと直虎観光VR』もリリースしました。直虎とゆかりの深い井伊谷城跡や龍潭寺、井伊家居館跡の3ヶ所の史跡を訪れると直虎が生きた時代の様子がスマートフォンの画面にCGで再現されます。

また、井伊谷城跡では、アプリ業界初のバーチャル空間の中を歩くも体験も用意されているとのことです。現実には無い、昔の建物や風景や戦国の井伊谷を味わうことができます。

なお観光における360度動画を活用した取り組みとして、株式会社岩手めんこいテレビが制作した360度動画コンテンツ「龍泉洞内VR」などがあります。本動画では、日本名水百選に選定されている地底湖「ドラゴンブルー」を見ることができます。

(参考)
ニュースリリース

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ