アマゾン・スタジオも出展 ニューヨークComic ConのVR体験

10月6日から9日の期間で、ニューヨークで開催している漫画などの文化に関するコンベンション「New York Comic Con 2016」より、ひときわ目を引くVR展示を紹介します。

Comic Con

『The Man In The High Castle』

Comic Con

アマゾン・スタジオは、2015年のComic Conでも展示していたオリジナルコンテンツ、『The Man In The High Castle』を展示。

HTC Viveを用いた本体験では、プレイヤーは不思議な人気番組の世界に迷い込み、脱出の手がかりを集めて襲い来る敵と戦っていきます。

Viveの最前線技術を取り込んだゴージャスな世界は、他のどんなコンテンツにもないユニークな体験を実現しています。

NY Comic Con 2016

Comic Con(コミコン)は、SF、ゲーム、漫画、アニメなどのコンテンツが目白押しのイベント。

ここ数年VRコンテンツの展示も増えてきており、今年はただ見せるだけではなく、より快適な体験を追求するブースも増えてきました。

今回のニューヨーク開催でもひときわ目を引いたコンテンツたちを紹介します。

ハロウィンがテーマのホラー体験

Comic Con
New York Haunted Hayrideが展示していたのは、いくつかのホラー体験です。

360度コンテンツ制作を手がけるJaunt VRが共同で制作しています。新しいVRホラーシリーズのパイロット版である『The Game』に加え、『Escape of the Living Dead』、『Zombie Purge』、『Black Mass』(黒ミサ)などのコンテンツが展示されました。

さらにVR体験ルームとしてハロウィンにちなんだ360度動画を体験できるコーナーもあり、Netflixの『Stranger Things』、ワーナー・ブラザーズの『スーサイド・スクワッド』、さらに『Cirque』や『Hellevator』といったコンテンツを含んでいます。

『John Wick Chronicles』

Comic Con

LionsgatesとStarbreezeによる『John Wick Chronicles: An Eye For An Eye』は、FPSをベースにしたアクションゲーム。

7分のプレイでは、ヨーロッパ風のホテルを舞台に、銃や格闘での戦いが楽しめます。

本タイトルのフルバージョンは、2017年公開予定の原作映画『John Wick: Chapter 2』と近い時期にリリース予定です。

イベント会場には他にも様々なVRブースが展示されており、VRは今後もより注目のコンテンツとなりそうです。

(参考)
VR Scout / Your Guide To The Best VR Exhibits at NY Comic Con 2016(英語)
http://vrscout.com/news/guide-vr-exhibits-ny-comic-con-2016/

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ