コロプラ米国子会社のCOLOPL NI、VRゲームの開発・パブリッシングを主事業へ

コロプラの米国子会社COLOPL NIは、VRゲームの開発・パブリッシングを行うことを明らかにし、新たなCEO JIKHAN JUNG氏の就任を発表しました。

COLOPL NIは、2015年4月に設立。コロプラのヒットタイトルである『白猫プロジェクト(英名:Rune Story)』を展開してきました。今回の発表により、COLOPL NIは、モバイルゲームからVRゲームの開発に舵を切ることになります。

日本のコロプラ本社は、VRゲームの開発、360度動画の配信プラットフォーム整備、世界最大級のVRファンドの組成などVRに積極的に取り組んでいます。子会社であるCOLOPL NIは、シリコンバレーにある立地の良さを活かし、VRゲームの開発とパブリッシングを行うことになります。2016年中に複数のハイクオリティなVRゲームすることを目指し、欧米におけるVRゲームの開発をリードしていくことを掲げています。

今回の戦略転換に伴い、新たにCEOにはJIKHAN JUNG氏が就任。同氏はオンラインゲームの分野で活躍をしてきました。2005年にFree to playのポータルであるgPotato.comを運営するGala-Net Incを立ち上げ、2,200万人のユーザーにオンラインゲームの体験を届けてきました。

image201603110848421

JINKHAN氏は、「コロプラグループは、20年前のインターネットのようにVRがわれわれの日常生活を変える新たなプラットフォームだと信じています。プレイヤーがもう現実に戻ってきたくないと思うくらいの最高のVR体験をお届けします。」とコメントしています。

(関連記事)
【インタビュー】「今は熱量をどれくらい高められるかが重要」コロプラ馬場社長らに訊くVRの取組の最新動向

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/