どこを見ているかメイドさんにバレバレに アダルトゲーム『カスタムメイド3D2』が視線追跡VRHMDに対応

アダルトゲームソフトブランドのKISSは、2月10日に「カスタムメイド3D2 VR」パッチ1.31および「カスタムメイド3D2 with Chu-B Lip VR」パッチ1.29にて、本体バージョン1.46に対応したことによって、視線追跡型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「FOVE 0」に暫定対応したと発表しました。

全シーンをFOVE 0を使ってみることはもちろん、FOVE 0 の特徴である視線をトラッキングする、視線検出機能を使った試みとして、エディット画面でキャラクターの顔、胸を見つめ続けると表情が変わる機能が搭載されました。

たとえば、

このように、顔を2秒見つめ続けるとメイドさんが照れます。

胸を2秒見つめ続けると残念な顔をされます。

このように、メイドさんに自分がどこをみているかバレバレになります。

FOVE 0は開発者キットということもあり、トラッキング精度の問題や、視線ずれの問題などがまだあります。しかし、KISSとしては、VRキャラクターコミュニケーションにおいて、視線検出は重要な位置づけと考えているため、今後も期待したいとのことです。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ