中国にて資金調達を行ったVRスタートアップ紹介 第12回

思为软件

業種:VRソフトウェア
調達金額:2,500万元(約4.1億円)
スポンサー:朗玛峰创投、芯邦

会社情報:VRを用いた部屋案内ソフトウェアを開発した思为软件は、現在北京、上海、深セン、海南四つの地域にて支社を設置しており、3D技術を利用したVR/ARの応用を行っています。

評価:思为软件は2011年に設立し、5年ほどVR部屋案内ソフトウェアに関連する開発を行ってきました。現在VRと不動産領域の組み合わせにおいては、業界間の連携が重要な課題となっている背景で、VRコンテンツに専念してきたメーカーは不動産に関する知識が少なく、営業面においても経験が少ないものとなっています。その中で思为软件は、企業としての一定の競争力と将来性が見られます。
 
(参考)
【VR融资风向标】第二十一期—VR看房的先行者思为软件
http://news.87870.com/xinwennr-18799.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ