Cerevo、足で触感を得られるVR用シューズ「Taclim」を発表

株式会社Cerevoは、両手両足に装着して触感のフィードバックを得られる入出力対応デバイス「Taclim」の開発を発表しました。CES2017にて開発機を展示、発売は2017年秋頃を予定しています。

合計8つの振動デバイスを搭載

Taclimは手にはめて持つグローブ部、靴のように装着するシューズ部の計4つからなる入出力両対応のVRデバイスです。

日本電産セイミツ株式会社との協業により、振動の種類を変化させる「タクタイル・デバイス」をグローブ部にそれぞれ1つずつ、シューズ部に3つずつの計8つ搭載しています。この「タクタイル・デバイス」により、草原や水辺、砂漠といった地面の感触、履いている靴の感覚の違いなどを表現するとのこと。

またそれぞれ9軸センサーを内蔵し、手足の動きをVR空間に反映。視覚・聴覚に両手両足の触覚を加えることで、VR体験への没入をより深めることができます。

CES2017で初公開

Taclimは米国で1月3日開催の「CES Unveiled」で出展されました。1月5日から開催の「CES 2017」にも開発中の実機を展示予定です。

展示では、ジェムドロップ株式会社が1月末にリリース予定のPlayStation VR向けソフト『ヘディング工場』をベースにしてTaclim向けに開発した『Taclim demonstration with Headbutt Factory』のデモが体験できます。

同タイトルはTaclim発売時にも無償で公開予定です。

Taclim向けの開発環境はUnityプラグインとして提供され、触感データのサンプルも公開、さらにWAV形式のファイルを取り込むことで独自の触感データを作成することもできます。

スペック

搭載センサー 9軸(加速度、角速度、地磁気)
タクタイル・デバイス数 8(グローブ部1×2、シューズ部3×2)
ワイヤレス接続 BLE(Bluetooth 4.1)
Sub-GHz(Japan 920MHz/USA 815MHz/Euro 868MHz)
充電方法 Micro USB
利用時間 約2時間(2秒に1回振動した場合)
充電時間 約3時間
本体サイズ シューズ部 290×100×140 mm(W×D×H)
グローブ部 50 ×50 ×147 mm(W×D×H)
重量 シューズ部 未定
グローブ部 未定

※開発中のためスペックは変更になる可能性があります。

CES出展情報

・会期: 1月5日~1月8日(米国時間)

・出展場所: Sands, Halls A-D – 43412

出展場所の詳細は下記URLを参照。

Cerevo USA LLC

http://ces17.mapyourshow.com/7_0/exhibitor/exhibitor-details.cfm?ExhID=T0010615

(参考)

Cerevo – ニュースリリース

https://info-blog.cerevo.com/2017/01/04/3029/

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ